フォト
無料ブログはココログ

« ほとんど葉を落として | トップページ | 朝の祈り »

2010年12月11日 (土)

新しいいのちへ

いよいよ寒くなってきました。湯たんぽの放せない夜になってます。

そんな中で、ケヤッキーは今日もしっかり立っています。

画像のアップはこれでひとまず終了です。「葉っぱのフレディー」の最後は、こんな文章で閉じられていました。

フレディがおりたところは雪の上です。やわらかくて 意外とあたたかでした。引っ越し先は ふわふわして居心地のよいところだったのです。フレディは目を閉じ ねむりに入りました。

フレディーは知らなかったのですが―

冬が終わると春が来て 雪はとけ水になり 枯れ葉のフレディは その水にまじり 土に溶け込んで 木を育てるちからになるのです。

”いのち”は土や根や木の中の 目には見えないところで 新しい葉っぱを生み出そうと 準備をしています。大自然の設計図は 寸分の狂いもなく”いのち”を変化させつづけているのです。

また はるがめぐってきました。 

(葉っぱのフレディ レオ・バスカーリア作、みらいなな訳、童話屋)

              

丘の上の落ち葉は、近所で畑をしている方に渡し、そこで堆肥になります。その堆肥が土にまざると、おいしい野菜を生み出す力となるのです。そしてヤマリンは、その野菜をいただいて、今日も生きていくことができます。ケヤッキー君、ありがとう。こんないのちの設計図を造られた神様に、感謝します。

Keyacky101211

« ほとんど葉を落として | トップページ | 朝の祈り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しいいのちへ:

« ほとんど葉を落として | トップページ | 朝の祈り »