フォト
無料ブログはココログ

« 庭上一寒梅 | トップページ | 立って陶器師の家にくだれ »

2011年2月28日 (月)

かんばいとアンコウ

久しぶりの、ブログです。

27日の日曜日を挟んで、二つのツアーに行ってきました。

26日は福祉委員会主催のかんばいツアー。富岡製糸場を見学した後、秋間梅林、そして安中教会を見学しました。新島襄ゆかりの教会で、井波さんが「寒梅」を吟じてくださいました。まるで、時空を越えて二人が一体になったように感じ、私もこの漢詩に詠われている寒梅のようでありたいと思わされました。観梅と合体した、ツアーとなりました。

Dscf3610

Dscf3673

庭上一寒梅

笑侵風雪開

不争又不力

自占百花魁

28日は、東地区の先生方と、北茨城ツアー。冬の味覚アンコウ鍋をいただき、五浦海岸を見ながら、しばしコーヒータイムをもちました。荒波の寄せる岩場には、岡本天心の六角堂が見えました。彼の弟子もこの地から大平洋を見、新しい日本を夢見ていたのかもしれません。

Dscf3705

パソコンの画面を離れ、神様の造られた世界に身を置き、花や海を見る幸いを、しばし味わったひとときでした。

これからの世界を見る目も、開かれたい!

« 庭上一寒梅 | トップページ | 立って陶器師の家にくだれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かんばいとアンコウ:

« 庭上一寒梅 | トップページ | 立って陶器師の家にくだれ »