フォト
無料ブログはココログ

« イエス傷が人を癒すとは | トップページ | メジロが来た »

2011年2月10日 (木)

ばっさりと

冬の庭作業は、特別なことがありません。普通は・・・。

しかし今年は、欅とクヌギの枝落としを致しました。光造園さんが入ってくれて、3日間にわたり、ばっさりと大きな枝を落としました。これは、枯れた枝が強風で折れたり、風通しが悪くなって木に負担を与えないための処置です。時には、このような痛々しいことが、必要なのですね。

わたしの枝で、実を結ばないものはみな、父がそれを取り除き、実を結ぶものはみな、もっと多く実を結ぶために、刈り込みをなさいます。ヨハネ15:2

イエスさまは、葡萄の木にたとえて、実を結ぶ秘訣を語ってくださいました。痛みが伴っても、切り落とさなくてはならないものを、このさい、ばっさり取り去っていただきましょう。

ケヤッキー ビフォー&アフター

 

Dscf3530

Keyacky_before_2

クヌギ ビフォー&アフター

BeforeAfter1 

« イエス傷が人を癒すとは | トップページ | メジロが来た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ばっさりと:

« イエス傷が人を癒すとは | トップページ | メジロが来た »