フォト
無料ブログはココログ

« がんばろう、宮城 | トップページ | どん底から希望を見る »

2011年3月31日 (木)

サッドニュース

ついにハナちゃんが召されました。本日(3月31日)午前10時30分、スタッフミーティングの帰りを待っていたかのように、私が牧師館に着いたときに息を引き取りました。

ハナがどのようにして家に来るようになったかについては1月29日のブログに書きました。2月の下旬からめっきり弱ってしまい、教会の庭に置くようになりました。えさを与えると、どこからかカラスがやって来てえさを奪い取ります。それだけでなく、動きの鈍くなったハナを鋭いくちばしで突っつき、毛をむしるようになったのです。このときほど、カラスを憎いと思ったことはありません。それからは、家の玄関の中に入れました。えさも水も受け付けなくなり、次第に呼吸は弱くなり、ついに立つこともままならなくなりました。そして、静かに息を引き取っていったのです。

まるで、3年前に召された、私の母の最期を見る思いでした。

教会玄関に置かれたていたハナは、教会で息を引き取ったのです。主にすべてを委ね、これまでつきあってくれた年月に、思いを馳せました。天国で会えたら、また一緒に走ろうね。

« がんばろう、宮城 | トップページ | どん底から希望を見る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッドニュース:

« がんばろう、宮城 | トップページ | どん底から希望を見る »