フォト
無料ブログはココログ

« 満開です | トップページ | 運命論ではない »

2011年4月 9日 (土)

満開の桜の元で

ついに丘の上の桜は満開となり、恒例の園遊会を行いました。

小学校新1年生から、80歳を超える高齢の方まで、およそ30名の方々と桜と一緒に過ごす一日を楽しみました。今にも降り出しそうな空模様でしたが、何とか守られ、庭でバーベキューをし、皆さんに召し上がっていただきました。

食後の俳句大会では、左記の地震で被災された方に届く作品も生まれました。ヤマリンの一句です。

突風に 吹き飛ばされても 咲く桜

桜の花は、散るときが来なければ、どんなに雨風に打たれても散りません。しかし時が来れば、一斉にその花は花吹雪となって散っていきます。そして新しい年の春になれば、つぼみをつけ花を咲かせて私たちを楽しませてくれます。地震や津波、そして原発事故の中にある方々は、厳しい風に吹きさらされている桜の木のようであるかもしれません。そのような中で必死に耐えしのび、復興を目指してがんばっている方々へのエールとして詠んでみました。

1104091 1104094

« 満開です | トップページ | 運命論ではない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満開の桜の元で:

« 満開です | トップページ | 運命論ではない »