フォト
無料ブログはココログ

« お茶会も恵まれて | トップページ | ペテロの説教 »

2011年5月29日 (日)

聖霊に満たされた人たち

2011.5.29(皐月) NO.326 

神のみわざを語る 使徒2:113

かつてイエスさまが約束されていた聖霊が、五旬節の日に集まっていた弟子たちにくだり、彼らは聖霊に満たされ、神のみわざを語りました。今日ではこの日を聖霊降臨日といい、教会の誕生した記念すべき日となっています。

五旬節とはユダヤの祭りの一つで、七週の祭りとも言われ、小麦の収穫を神に感謝し、罪の赦しを願う捧げものと共に神様に献げる祭りで、今日でも行われています。過ぎ越しの祭りから数えて50日目にあたるので、五旬節(ペンテコステ)とよんでいます。

小麦の刈り入れの初穂のために七週の祭りを、年の変わり目に収穫祭を、行なわなければならない。出エジプト34:22

このときには、特徴的な3つの出来事が起こりました。「激しい風が吹いてくるような響き」がおきました()。人々の関心を否応なしに集める出来事です。そして「炎のような分かれた舌が現れて、一人一人の上にとどまった」のです()。この場面は多くの聖画やイコンに描かれています。実際には、どのような光景だったのでしょうか。そして「皆が聖霊に満たされ、御霊が話させてくださるとおりに、他国の言葉で話し出した」というのです()。聖霊に満たされるとは、内的な経験であり、他の人にはわからないことです。しかしこのときは、ユダヤ人でありながら、いろいろな国の言葉で神のみわざを語ったというのです(11)。五旬節にあわせてこの当時知られていた地中海世界の国々、地域の人たちが来ていました(911)。その人たちが、弟子たちの語っている言葉をそれぞれに理解したのです。この出来事を「異言」と言って、通常の言語では無い言葉で語ったり祈ったりすることと区別される必要があります(1コリント1214)

聖霊に満たされた人たちが、いろいろな国言葉で神のみわざを語り、それを聞いた人たちがそれを理解したということが大切です。福音は、全地球的なものであり、ユダヤ人だけの良い知らせでは無く、人種や国境を越えて、イエスキリストを信じるものはだれでも救われるという人種や国境を越えた全人類のための良い知らせであることを示しているのです。

こういうわけで、あなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、今は聖徒たちと同じ国民であり、神の家族なのです。エペソ2:19

エルサレムにいた人たちは、残念ながら彼らを「甘い葡萄酒に酔っている」と言ってあざけりました。ペテロはそれを聞いて立ち上がり、説教をもってこれを正すことになります。私たちも、この国にあって、日本人に通じる言葉と生活をもって福音を語る努力が必要です。教会を生み出してくださったのが聖霊であるように、あなたを新しく生まれさせてくださった聖霊は、あなたにも神のみわざを表してくださっているのです。そこに救いのストーリーがあるのです。

「良いことの知らせを伝える人々の足は、なんとりっぱでしょう。」ローマ10:15

« お茶会も恵まれて | トップページ | ペテロの説教 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖霊に満たされた人たち:

« お茶会も恵まれて | トップページ | ペテロの説教 »