フォト
無料ブログはココログ

« 聖霊に満たされた人たち | トップページ | 心の開拓 »

2011年6月 5日 (日)

ペテロの説教

2011.6.5(水無月) NO.325 

復活の証人として立つ 使徒2:2939

イエスの約束の通り、五旬節の日に集まっていた弟子たちに聖霊がくだり、彼らは聖霊に満たされ、神のみわざを語りました。散らされていた国や地方から集まっていた人たちは大いに驚き当惑し、あざける者もありました。そのような中でペテロは11人と共に立って、はっきりと神様のメッセージを伝えました(1436)

それは説教とも言えるもので、明らかに聖書を知っている背景を持つ散らされたユダヤ人がわかる内容でした。弟子たちが語っているのは、葡萄酒に酔っているのでは無く、ヨエルの預言の成就であり、その中心は「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる」ことです。離散のユダヤ人ほど、神による救いを求めていた民はないでしょう。

その救い主であるイエスは十字架に掛けられ、死んで葬られましたがよみがえり、私たちをも死の苦しみから解放してくださる方です。これは、ユダヤ人ならだれでも知っているかのダビデ王も認めていたことであることを、旧約聖書からの引用によって語りました(2535)。もしも、ダビデの語ったことを信じないとしたら、そのような人はダビデの子孫とは言えず、神に逆らう者になってしまいます。

さらに、イエス十字架につけたのはあなた方である!と、はっきりと回心を迫ったのです(36)。在りし日の本田弘慈先生の伝道説教を思わせる語り口だったかもしれません。しかしながら、イエスを十字架につけたのは、民族としてのユダヤ人だけでは無く、神の前に罪を犯した私たち全ての人間なのです。

すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、ローマ3:23

この言葉を聞いた人たちは心を刺され、悔い改めてバプテスマを受けました。そして、エルサレムに最初の教会が誕生したのでした(3741)

ペテロはこの説教の中で、「私たちはキリストの復活の証人である」と言いました(32)。すなわち、イエスキリストの十字架の死と、よみがえられたイエスをはっきりと見、そのイエスによって生かされている者であることを、宣言したのです。

たしかに、イエスさまの地上の生涯は、昇天をもって終えました。今の私たちには、ペテロたちのようにイエスさまを見ることはできません。しかし、このイエスさまのと共にいることを信じるとき、死の苦しみにある私たちもまた、イエスによって生かされていることを知るのです。これもまた、ダビデによって語られたことでした(詩篇23)

先月21日に納骨式が持たれました。81才で召されたYさんは「神様が一緒にいてくれる」と言って息を引き取りました。復活の証人として立とうとした弟子に与えたイエスの最後の言葉は、私たちの生涯の最後につながるのです。

それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」マタイ28:1920

« 聖霊に満たされた人たち | トップページ | 心の開拓 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペテロの説教:

« 聖霊に満たされた人たち | トップページ | 心の開拓 »