フォト
無料ブログはココログ

« 光る、輝く | トップページ | 目に見えない方がいてくださる »

2011年7月31日 (日)

闇に輝く光のように

2011.7.31(文月) NO.332

初代教会の光と闇 使徒4:32-5:11

初代教会は、あらゆる教会のルーツ、あるいは模範となる教会だと思います。しかしそれは欠陥のない、完全な教会ではありませんでした。闇のように暗く、どこに光を見いだしたらいいのかと思われるようなことが起きたのです。

4章の後半は、まことに麗しい光景です。復活の主の証人としてみことばを宣べ伝えただけではなく、各自の持ち物を売り、必要時に応じてそれを分かち合っていたのです。「使徒たちの足元に置く」とは、このような捧げものを使徒たちが管理していたことを表す言葉でしょう。初代の教会には、このとき一定の秩序が存在し、助け合う交わりがあり、その結果貧しい人たちがなかったというのです。これはまさに、私たちが模範とすることが行われていたのです。

その中でバルナバと呼ばれる人物が出てきます。後に彼は、回心したパウロを助け、その伝道の補助者としても同行するようになります。

それとは反対に、アナニヤ、サッピラという夫婦が打たれて、突然死んでしまうという衝撃的なことが起こりました。5:111には、初代教会の闇の部分が隠されることなく記されているのです。

この二人は、邪悪な人ではなかったと思います。他の信者のように、教会の交わりに加わり、自分たちも地所を売って貧しい人たちを助けようと思った良い人であったと思います。しかし彼らは、使徒たちの足元に置いた代金が、あたかも地所を売った代金の全てのように報告したのです。これが問題でした。ここに、偽り、嘘が入ったのです。ペテロはこのことを「サタンに心を奪われ、聖霊を欺いた」と糾弾したのです。

サタン、すなわち悪魔は、神様に逆らい、人の心に小さな偽りを入れて、神様から遠く離れさせようとする存在です。その様子は、アダムとエバへの誘惑(創世記3)、イエスに対する誘惑(マタイ4:1-11)に描かれています。教会は、聖霊によって生まれた新しい交わりでした。良く見える行為でも、イエス様に対して心がまっすぐでなければ、教会の交わりにおいて聖霊を欺くことになってしまいます。自ら犯した罪を知りながらもそれを無視し、自分の欲望を満たそうとすることが、神を欺くことなのです(1ヨハネ1:810)

もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。もし、罪を犯してはいないと言うなら、私たちは神を偽り者とするのです。神のみことばは私たちのうちにありません。

しかしこのような闇の中にこそ、イエスさまはいてくださいます。それは漆黒の宇宙に浮かぶ小さな灯火のようなものかもしれません。大きなクリスマスツリーのてっぺんに輝く、星のようなものでしょう。神と人を欺こうとする誘惑の中で、真の光であるイエスにいつも真実でありたいのです。

ヨハネ1:45

この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。

« 光る、輝く | トップページ | 目に見えない方がいてくださる »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 闇に輝く光のように:

« 光る、輝く | トップページ | 目に見えない方がいてくださる »