フォト
無料ブログはココログ

« 憧れの東後先生と出会った | トップページ | 不公平な配給は、いつの時代にも問題だ »

2011年9月26日 (月)

誕生日でした

昨日9月25日は、私の誕生日でした。中央会堂での奉仕でしたので、多くの方から声を掛けていただき、「まんじゅう」をいただきました。m(__)m

コイノニアに掲載された文章を、アップさせていただきます。みんなに支えられて、ここにいることを、やはい感じずにはおれません。また一回り、よろしくお願いします。

「還暦とは、干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支に戻ること」と、ウキペディアにありました。還暦の祝いに赤色の頭巾やちゃんちゃんこを贈るのは、生まれたときに還るという意味からであることは、ご存じの通りです。

その還暦まで、あと1年、50代最後の年となったというのは、誰よりも私本人が驚いております。アンビリーバーであり、なかなかこの厳粛な事実は受け止めがたいものがあります。

しかし「還る」ということで思いを巡らすとき、この教会での牧師として奉仕させていただいている原点に立ち返る思いがあります。高校3年生の1月に救われ、新潟から千葉県に移り住んで、春日部教会に導かれました。初めて行った教会の受付の方が「私の両親も高田出身よ!」と言って温かく迎えてくださったのは、不思議な神様の導きです。下鳥信二、静江夫妻のお嬢様でした。2年生の冬に、大学近くのアパートを出て友人の小林兄と東岩槻の集会所に移り住んだとき、親は「なぜ学校から遠くすむのか」と怒り、4年生の時、大学卒業後は神学校に行くと告げたときには大いに落胆し、最終学年後半の仕送りはストップとなりました。成人式には帰らず、卒業式にも出席しませんでした。全ては、神様のためにここで時間をささげよう、と思ってのことでした。

しかし、それは本当の献身であったのか、むしろ親不孝なことではなかったのか?と自問するようになりました。それでも「おまえはT牧師にだまされている」と言った母も救われ、父と共に洗礼を受ける恵みに預かりました。教会の交わりの中で、晩年を過ごすことができたことを思うとき、あのときがやはり献身の時、主の導きを第一にした時であったと確信するのです。

還暦まで生かされていれば、あと1年。「私の生涯を神様にささげます」と祈った献身の志に還って、その思いを深める年としたいと願っています。

「心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」箴言3:56

« 憧れの東後先生と出会った | トップページ | 不公平な配給は、いつの時代にも問題だ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日でした:

« 憧れの東後先生と出会った | トップページ | 不公平な配給は、いつの時代にも問題だ »