フォト
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

愛されること、愛すこと

2011.10.30(神無月) NO.341

愛にかえる    ルカ15:11-24

 あなたの之までの人生で、最も惨めなときはいつでしたか?それは、どのようなことだったのでしょうか?そしてそのとき、あなたの傍らにいて慰めてくれた人はいましたか?

本日の聖書箇所は、放蕩息子のたとえ話です。オランダの画家レンブラントはこの箇所をテーマにした絵を描いており、「放蕩息子の帰郷」という題がつけられています。現在はロシアのエルミタージュ美術館の所蔵となっています。ここに描かれている息子こそがレンブラント自身であり、見る者に、帰るべき所に帰ることを訴えている作品ととらえることができます。

このたとえ話の登場する弟息子は、父親から財産をもらって遠い国に行き、好き勝手なことをして過ごすのですが、お金が無くなったうえにその国が飢饉になり、豚飼いにまで身を落としたところで我に返ります(17)。自分本来の姿に気づく、ということです。人は鏡に映った自分の姿を見ることはできますが、本当の自分に気づくことは、なかなかできないことです。特に病にかかっているのに、本人がそのことに気がつかない、時には自分は病気ではないと強く主張するとき、なかなかその病は癒えることがありません。ある方が、自分が鬱の時、自分の中にもう一人の誰かがいるように感じた。そしてそれが鬱になっている自分であると気づいたときから、癒やしへの道が開かれていった、と語ってくださいました。この放蕩息子こそが自分であることを気づくことが、回復への第一歩となります。

我に返ったこの息子は、父の元に帰ります。彼の父親は、毎日我が子の帰りを待っており、息子を認めると走って駆け寄り、接吻をし、精一杯の料理でもてなしました。惨めな姿になっていても、自分の子どもであることには変わりありません。父はこの息子を「かわいそうに思った」のです。あわれみの心です。失われていく者を慈しむ思いが、この言葉に秘められています。

この息子は、我に返り、そして父の元に返ることができました。彼を愛する愛のみなもとへ、戻ることができたのです。このたとえ話の主人公は、実はこの父親なのです。この方こそ、私たちの父なる神様であり、私たちを愛し受け入れ、神様の子どもとして生かしてくださる力を与えてくださるのです。それは、イエスキリストの十字架の死を通して、表されました。

私が初めて自分の惨めさを感じたのは、11のけんかに負けた小学生の時でした。そのとき、一人の友人が私をしきりに慰めてくれたのです。彼のいたおかげで、翌日も私は学校に行くことができたのです。振り返ってみると、そこに神様がいてくださったのだと思い当たります。

あなたが最も惨めなとき、主なるイエスキリストが共にいてくださる。この方にこそ、私たちのかえるべき真の愛があるのです。

私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。1ヨハネ4:10

2011年10月26日 (水)

名残の茶事

今週24日月曜日、慈恩寺にある「南方庵」の懐石料理と茶事教室に伺いました。以前教会茶道部でお部屋を使わしていただいたことがありますが、数年ぶりに足を向けました。

この日は私が来たためか、お休みの方があって、4名の生徒さんでした。教会員のHさんをお誘いしました。彼女はお料理アドバイザーの資格を持っていますが、お茶時は初めてとのことで、若干緊張気味。それでも一緒に料理を作り、席入りをしました。正客は私が務め、お詰めにはベテランの女性が入ってくださいました。なんと、この方もキリスト者で、古河の教会に行かれているとか。いろいろ教えてくださり、帰りは丘の上記念会堂にも立ち寄ってくださり、親しい交わりの時となりました。

今回は、名残の茶事と言うことで、少ない人数でかえって良かったです。亭主は、石州流のお点前で、初めて見る所作に新鮮な感動がありました。仲立ち後の床の間には、ひさごに生けられた蕎麦の花が印象的で、良い席となりました。

Dscf4616 自分たちで作った料理をいただきならが、久しぶりにゆったりとした時を過ごしてきました。教会の中でも、これはいかせますね。レッツトライ!

Dscf4594 Dscf4607 落ち鮎の煮浸し

.

.

.

2011年10月25日 (火)

紅葉のブリティッシュヒルズツアー

深まりゆく秋、ELCの特別プログラムとして、ブリティッシュヒルズに行ってきました。参加者は、ティムさんと生徒さん、スタッフ入れて総勢15名。マイクロバスにちょうど良く収まる人数で、車内はゆったりしており、誰も調子を悪くする人はありませんでした。

ブリティッシュヒルズは、「神田外語学院」と「神田外語大学」を持つ学校法人佐野学園によって、1994年に設立された、英語研修施設です。福島県天栄村にあり、白河中央インターで降りてのどかな農村を通って上ります。羽鳥湖の西側にあり、敷地内のビューポイントから、眺めることができます。施設内の通路や広場の名称をはじめ建物、インテリア、家具、調度品などすべて時代考証に基づき、中世英国様式を再現しているとのことで、訪れるものをいやが上でも、イギリスに誘います。中央にある、マナーハウス正面のシェイクスピアー像が、私たち一行を迎えてくれました。でも彼は、不動でした。代わりにちゃんと出迎えてくれたのは、スタッフの伊藤さん、なんと春日部出身の方で、たいへん親切にお世話をしてくださいました。

ビュッフェスタイルのランチのあとは、オーストラリア人のJenさんによる館内ツアー。もちろん英語で行われますので、わかってもわからなくても、にこにこと後についていきます。出発までのわずかな時間に、各自お買い物や、アフタヌーンティーを味わい、帰路につきました。

あやうく故通渋滞に巻き込まれるところでしたが、一般道に回避して、7:30頃教会に着くことができました。泊まりがけで来たいと希望する方も多く、英語漬けで頭が痛くなった(?)方もおり、秋の一日を英国風に味わったひとときとなりました。

ELCでは、このような楽しい英語研修や教師と一緒の時間、そしてアメリカツアーなど英語に親しむプログラムを展開していくつもりです。

ティム先生の楽しみは・・・・Sdscf4633

2011年10月23日 (日)

死も祈りも神の賜物

2011.10.23(神無月) NO.340

ステパノの祈り、イエスの祈り

 

使徒7:54-60

 議会に引き出されたステパノは、大祭司の問いかけに対して弁明をしました。彼の弁明は、ユダヤ人ならば誰でも知っている先祖の物語を引き合いに出して、神殿と律法に関する訴えについて反論するものでした。

第一の神殿に関しての弁明は、2節から48節です。神様のスケールの大きさを語り、神殿を最初に建てたソロモン王でさえ、神は人の手で作った神殿などにお住みになるようの方では無いと言っています(48)。アブラハムは、目に見えない神様に従って父の家を出たのであり(4)、モーセも苦難の中で神様に従い、神殿の無い時代でしたがまさに彼が律法を受け取ったところが聖なる場所だったのです(33)。アブラハムの旅立ちを見るとき、かつて芭蕉がそぞろ神や道祖神の招きによって旅に出たとしかいいよう無い心境を書いた「奥の細道」の序文を思い起こすのです。イエスキリストが復活されたことにより、イエスを信じる者こそが、聖霊を宿す神殿なのです(1コリント6:19)

あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。

第二の律法遵守に関しては、すでに語ってきた中にも示されていますが、51-53節で明確に語っています。律法に逆らっているのは、私たちではなくあなた方ユダヤ人である、という主張です。彼らの先祖は、ヨセフを妬んでエジプトに売り飛ばし、モーセに逆らい、預言者たちを迫害したからです。律法を守らないことこそが、罪の本質なのです(1ヨハネ3:4)

罪を犯している者はみな、不法を行なっているのです。罪とは律法に逆らうことなのです。

之を聞いて、ステパノを訴えた人たちはかえって逆上し、ついに議会から引きずり出して石打にしてしまいました。しかしこのときのステパノの最後の言葉と祈りは、主イエスの十字架の言葉と同じでした(ルカ23:3446)。ユダヤ人の罪を厳しく責めたステパノでしたが、彼らをあわれみ、神様への執り成しを祈っているのです。まことに彼は、神様の愛に生かされ、人のためにつくす神様のしもべでした。

かつて日本でも、キリスト教徒が厳しく迫害された時代がありました。そのような中で命を落とした人たちは、同じ思いを持っていたでしょう。ステパノの祈りは、主イエスさまから来ているものであり、私たちもこのような祈りを受け継ぐものとされているのです。それは自分の思いや力ではできないことです。弱い私たちであっても、主イエスに捕らえられているので、このような人生最後の祈りも、神から賜るものなのです。

ピリピ3:12 私は、すでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでもありません。ただ捕えようとして、追求しているのです。そして、それを得るようにとキリスト・イエスが私を捕えてくださったのです。

2011年10月21日 (金)

スカウトペースとフクロウ

信仰のレースは、走るのか?歩くのか?聖書を見ると、その両方の言葉が使われています。走ると考えても良し(ヘブル12:1)、信仰は歩く事、ととらえてもいいでしょう(エペソ4:1)。イエスを信じる信仰を全うする生涯は、一生のことです。長いレースです。そうであれば、途中で倒れたり、リタイヤしないようがいいはずです。長い距離を誰でも完走(完歩)できる、そんな走り方や歩きはあるのでしょうか?それが、あるのです。ボーイスカウトなら誰でも知っている、「スカウトペース」です。

スカウトペースとは、長距離を疲れないで、定められた時間内で踏破する仕方です。はじめの40歩を早足で歩き、次の40歩を駆け足で進み、これを繰り返します。15分間に2km(時速8km)で、これよりも速くても遅くてもいけないとされています。何かの用事で遠くまで自力で行かなければならい時は、大概このペースで移動します。息をあまり切らすこと無く、行くことができます。

イザヤ書40:31「走ってもたゆまず、歩いても疲れない」

とありますね。ボーイスカウト運動の創始者ベーデンパウエルはキリスト者でしたから、このみ言葉からヒントを得て、スカウトペースを編み出したのでしょうか。

また、スカウトソングに「懐かしの森へ」というのがあります。歌詞は、次の通りです。

「我はふくろう 楽しきふくろう 務めはたし 心さやか 

こよいうれし 星明りに 我が古巣へ 帰らなん 

ああ富士のふもと 山中のもりかげに」Simgp6916

 之を見てメロディーが浮かんだあなた、あなたは、若い頃ボーイスカウトでしたね。之もまたいい歌で、聖書の言葉が浮かんできます。「あなたがたも同じことだ。自分に命じられたことをみな果たしたら、『わたしどもは取るに足りない僕です。しなければならないことをしただけです』と言いなさい。」(ルカ17:10新共同訳) 森のフクロウのように、務めを果たしてさっと引き上げる、そんなさわやかな主のしもべになりたいと思います。

スカウトペースで、フクロウのように、いきたいですね。

2011年10月16日 (日)

伊藤夕子さん、堂々の2位

15日土曜日、午前10時にスタートした「第6回神宮外苑24時間チャレンジ」で、我らがサブスリーこと伊藤夕子さんは2位でゴールしました。記録は223キロ、悪天候の中、昨年の記録を上回る、堂々の2位入賞です。1位は、かつてこの大会で優勝経験のある白川清子さんで、232キロでした。1日24時間、走りに走って230キロを超えるなんて、想像ができません。

まずは、お疲れ様でした、いいたいですね。休息を取り、レースのお話を伺いたいと思いました。

最初の殉教者 ステパノに学ぶ

2011.10.16(神無月) NO.339

恵みに生かされる 使徒6:8-15

 いつも同じような光景だけに、気づかないことがあります。不思議なことですが、本当には見ていなかった、ということがあります。たとえば、いつも集っている教会に掛けられている絵が変わっていることに気がつきましたか?

やもめたちへの配給担当者として選ばれた七人の一人は、ステパノという人でした。彼は聖霊と信仰と知恵に満ちた評判の良い人であっただけでは無く、「恵みと力」に満ちていました(8)。それ故、ステパノは数々の不思議やしるしを行い、みことばを語ることもあったでしょう。

しかしこのステパノはユダヤ人に捕らえられ、議会に引き出され、ついには石で撃ち殺されてしまうのです。初代教会最初の殉教者と言われています。彼の語っていることがユダヤ人の反感を買ったわけですが、使徒7章にあるステパノの弁明(説教)を見ても、それだけで彼が石で撃ち殺されるほどのひどいことを語ったとは思えません。しかしステパノの語ったことの中心は、「救い主として待ち望んでいた方が到来したにもかかわらず、その方を殺し、その罪を悔い改めないことが神に逆らうことである!その方とは、イエスなのである。」ということでした。救い主、メシヤはまだ到来していないと考えていたユダヤ人とどうしても折り合わないところでした。

ステパノは、恵みに満ちていたとあります。モーセの授かった律法は、確かに神様からのものですが、イエスキリストはその律法を成就するために来られたのです(マタイ5:17)

わたしが来たのは律法や預言者を廃棄するためだと思ってはなりません。廃棄するためにではなく、成就するために来たのです。

そして人が生かされるのは律法を守ることでは無く、神様の恵みの中にあること、イエスキリストが私たちを罪から解放し新しい人として生かしてくださることであると、告げたのです。イエス様こそが、恵みに満ちている方だったからです(ヨハネ1:14-17)

この方は恵みとまことに満ちておられた。

ステパノを訴えた人の中には、リベルテンの会堂に属する人たちがいました。この人たちは、奴隷であったのが皇帝によって解放されて、自由人となったユダヤ人の子孫だと言われています。奴隷の状態から解放されることは、幸いなことです。しかし彼らは、罪から解放され、イエスキリストを信じることによって神の子どもとされることに思い当たりませんでした。

イエス様によって人は罪の奴隷から解き放たれ、真の自由の中に入れられるのです。それこそが、神様の恵みに生かされることに他なりません。ステパノを殺害することに賛成していたパウロは、後に捕らえられ、牢獄の中で言っている言葉に、耳を傾けてみたいものです。

2テモテ2:1

そこで、わが子よ。キリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい。

2011年10月15日 (土)

見ているようで見ていない?

秋のはじまりを感じる軽井沢で、キリスト教と茶道のセミナーが開かれました。メイン講師は、高橋敏夫先生ですが、もう一人の講師、江原望(江原小林堂)さんが表具の話をしてくださいました。

まず二福の軸を掛け、説明をしてくださいました。その後軸を外したあとテストがありました。「今かかっていた軸の形を書いてください」というのです。さらに「良く書けた方には賞品があります」との声で、受講者は真剣に目の前の白紙に書き始めました。さてそのできは・・・・。

なかなか正確には書けないものです。皆さんは、いかがでしょうか?画像を見ないで、書いてみてください。なお、今回は賞品はありません。ちなみに私はといえば、恥ずかしながら賞品をいただけませんでした。

見ているようで、見ていない。わかっているようで、きちんと理解していない。そんな反省が残った、セミナー第1時限でした。

Sdscf4564

2011年10月 2日 (日)

不公平な配給は、いつの時代にも問題だ

2011.10.2(神無月) NO.338

教会の前進 使徒6:1-7

 今年は、大きな台風が日本列島に甚大な被害をもたらしました。1954(昭和29)926日に日本をおそった台風15号は、青函連絡船「洞爺丸」を沈没させ、多くの方が亡くなるという被害をもたらしました。洞爺丸台風とよばれています。しかしこの出来事がきっかけとなり、青函トンネルの工事が進み、本州と北海道を海難事故無く結ぶことができるようになりました。何かをきっかけに物事が一気に進むことは、良くあることです。

初代教会は、迫害やアナニヤ、サッピラ夫妻の罪といった問題が起きました。さらに毎日の配給でトラブルが生じてしまったのです。多くの人たちが教会に集うようになり、ギリシャ語を使うユダヤ人(ヘレニスト)が、ヘブル語を使うユダヤ人(ヘブライスト)に対して、苦情を申し立てたというのです。ヘレニストたちの未亡人が、毎日の配給をきちんと受けられないという、訴えです。今日でも、ありそうな、分配が不平等であるという問題です。

その原因は、コミュニケーションの不足にあったと思われます。同じユダヤ人ではありますが、外国で生まれたヘレニストたちは、ヘブライストが使う言葉、アラム語(またはヘブル語)を良く理解できなかったのでしょう。情報伝達がうまくいかないことの故に、トラブルが生じるということは、今の時代でも起きることです。

その解決のために、教会における奉仕の分担がなされました。これまでは、全てのことを12使徒がしていましたが、彼らは祈りとみ言葉の奉仕に専念することにして、問題となった配給の奉仕には、7人の人たちを選び任命することとしたのです。この人たちが選出される基準は、御霊と知恵に満ち、評判の良い人である、ということでした。すなわち、信仰的態度の身についた人で、社会の中で良い証しをしているという人たちです。その7人の名前は5節に書かれています。教会の前で、使徒たちは彼らの上に手を置いて祈り、その働きを委ねました。こうしてさらに多くの人たちが交わりに加えられ、教会の宣教が進んでいったのです。

この7人は、今日の執事と言われる人ですが、必ずしもそれが全てではありません。1節の配給、2節の仕えること、そして4節の奉仕という言葉は、全て同じ語源を持つギリシャ語です。他の箇所では、もてなす、務め、給仕などと訳されています。教会の中での働きが分けられ、なすべきことが増えて全体がうまく機能するようにした、ということでしょう。

このために神様が与えてくださっているのが、賜物です。之は、互いに仕え合うために、全てのキリスト者に与えられているものです(1ペテロ4:10,11)

それぞれが賜物を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。

教会は、配給の問題が起こったとき,それを契機として互いの賜物を生かしあい、かえって前進していったのです。どんな困難なことに直面しても、お互いに賜物を生かして仕え合えって行けば,それを克服して前に進むことができるのです。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »