フォト
無料ブログはココログ

« 死も祈りも神の賜物 | トップページ | 名残の茶事 »

2011年10月25日 (火)

紅葉のブリティッシュヒルズツアー

深まりゆく秋、ELCの特別プログラムとして、ブリティッシュヒルズに行ってきました。参加者は、ティムさんと生徒さん、スタッフ入れて総勢15名。マイクロバスにちょうど良く収まる人数で、車内はゆったりしており、誰も調子を悪くする人はありませんでした。

ブリティッシュヒルズは、「神田外語学院」と「神田外語大学」を持つ学校法人佐野学園によって、1994年に設立された、英語研修施設です。福島県天栄村にあり、白河中央インターで降りてのどかな農村を通って上ります。羽鳥湖の西側にあり、敷地内のビューポイントから、眺めることができます。施設内の通路や広場の名称をはじめ建物、インテリア、家具、調度品などすべて時代考証に基づき、中世英国様式を再現しているとのことで、訪れるものをいやが上でも、イギリスに誘います。中央にある、マナーハウス正面のシェイクスピアー像が、私たち一行を迎えてくれました。でも彼は、不動でした。代わりにちゃんと出迎えてくれたのは、スタッフの伊藤さん、なんと春日部出身の方で、たいへん親切にお世話をしてくださいました。

ビュッフェスタイルのランチのあとは、オーストラリア人のJenさんによる館内ツアー。もちろん英語で行われますので、わかってもわからなくても、にこにこと後についていきます。出発までのわずかな時間に、各自お買い物や、アフタヌーンティーを味わい、帰路につきました。

あやうく故通渋滞に巻き込まれるところでしたが、一般道に回避して、7:30頃教会に着くことができました。泊まりがけで来たいと希望する方も多く、英語漬けで頭が痛くなった(?)方もおり、秋の一日を英国風に味わったひとときとなりました。

ELCでは、このような楽しい英語研修や教師と一緒の時間、そしてアメリカツアーなど英語に親しむプログラムを展開していくつもりです。

ティム先生の楽しみは・・・・Sdscf4633

« 死も祈りも神の賜物 | トップページ | 名残の茶事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉のブリティッシュヒルズツアー:

« 死も祈りも神の賜物 | トップページ | 名残の茶事 »