フォト
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

現代人の最も苦手なこと~静まって待つこと

2011.11.27(霜月) NO.343

待つことの力  イザヤ40:27-31

 今週から教会の暦ではアドベント、待降節に入ります。主イエスキリストのご降誕を待ち望む期間であり、アドベントカレンダーをめくりながら、クリスマスを待つ、日本風にいえばお正月を待つ気分に近いものがあると思います。

イザヤ40:31は、よく知られたみ言葉の一つでしょう。バビロン捕囚の苦しみから解放される日を願い、その日を待ち望でいたユダヤ人の歴史のただ中で語られたみ言葉です。2730には、人生の無常と、どんなに力あるものもいつか果てることの嘆きが歌われています。しかしそのような中でも、神は創造者であり人知を越えた英知を持っている方であり(28)、疲れたものを再び鷲のように高く舞い上がらせてくださると、歌っています(2931)。特に31節の「新しい」ということばは、古いものと取り替えるという意味があり、文字通り全く新しくされる、リニューアルされるというイメージです。入学式に、真新しい制服に身を包むと今までとは違う自分になり、これからがんばれる気持ちになるというような感覚です。

この新しく力を得る秘訣は「主を待ち望む」ことです。かつて臨終の床で息子たちを祝福したヤコブは、息を継いで主を待ち望みました(創世記49:18)

主よ。私はあなたの救いを待ち望む。

主イエスのご降誕を巡って登場する人たちは皆、「待ち望んでいる人」たちでした。

神殿で祭司として仕えていたザカリヤは、イスラエルの救いを待望していました。かつては妻のエリサベツと共に我が子の与えられることを望んでいましたが、それが叶わぬ事とあきらめていたところに、男の子、それも主の道備えをする子どもが生まれると告げられました。その子の誕生の時まで、二人は身をもって待ち望むことの力を体験したのです(ルカ1)

幼子イエスは、八日目に割礼を施すため、神殿に連れて行かれました。そこにはシメオンという救い主の現れを熱心に待ち望んでいる人(老人と思われている)がいて、幼子イエスを祝福しました。イエスに会ったシメオンは、もう之で思い残すことない、という心境になったのです(ルカ2:29)。そこには女預言者アンナもおりました。彼女は結婚して七年で夫を亡くしやもめとなった老女でしたが、すく主に会うことができたのです。

そして、ヨセフとマリヤも主を待ち望む人たちでした。他のユダヤ人と同様、救い主を待ち望んでいたのでしょうが、その父となること、母となることは、当時の事情からみて、あり得ないことであり、その身に苦難をもたらすことを意味しました。処女懐胎など信じる人は、周りに誰もいなかったからです。しかし彼らは主のみことばを受け入れ、主の救いを待ち望むことが、彼らを支える力となったのでした。

祝福された望み、すなわち、大いなる神であり私たちの救い主であるキリスト・イエスの栄光ある現われを待ち望むようにと教えさとしたからです。テトス2:13

2011年11月18日 (金)

匠の技、ここに集まる!

春日部駅西口、線路のすぐ脇に完成した「ふれあい拠点」にて、伝統的工芸品展in春日部2011が開催されました。午前9:40からのオープニングセレモニーに続いて、関東近県からのブースがオープンし、教会茶道部はお茶席にて奉仕を致しました。

出店された方々からお道具をお借りし、春日部の菓子匠青柳さんの上用饅頭を差し上げ、一服のお茶を楽しんでいただきました。

今回のイベントは、桐箪笥組合の島田さん、飯島さんの職人さんと地域を愛する思いから始まったことだと思います。多くの方がお越しくださり、席主の髙橋牧師の語りに耳を傾け、くつろいでいただけたのではないかと思います。水屋は、ほとんどフル回転で、さすがに私も疲れました。ま、アラカンですから仕方のないことですね。ボーイスカウトの二人もよく奉仕してくれて、頼もしかったです。

20日まで開催しておりますので、お時間を作ってでも、是非お出かけください。明日のお茶席は裏千家、20日は、江戸千家胃泊流となります。お菓子も、楽しみですね。

Dscf4830 オープニングセレモニー石川市長、島田会長Dscf4842(左画像)

江原さんと小野牧師(右画像)

2011年11月15日 (火)

チケット販売中

ひとあし早いクリスマスのチケット、販売が始まりました。クリスマス音楽と、講演のひとときです。

案内をご覧くださり、どうぞお出かけください。

「christmas_at_okanoue.pdf」をダウンロード

天国、復活の希望

しばらくブログをお休みしてしまいました。

上越にいる、父の見舞いに続き、葬儀と結婚式が交互にありました。

特に、二人の方が召されたことは、大きな事でした。愛する者との別離は、どこに希望を持ったらいいのか、本当に再会できるのか、などいろいろ考えさせられます。

死者の復活もこれと同じです。朽ちるもので蒔かれ、朽ちないものによみがえらされ、
卑しいもので蒔かれ、栄光あるものによみがえらされ、弱いもので蒔かれ、強いものによみがえらされ、
血肉のからだで蒔かれ、御霊に属するからだによみがえらされるのです。血肉のからだがあるのですから、御霊のからだもあるのです。コリント人への手紙第1、15章42-44

御霊のからだとは、人間の思いを越えた、新しいからだのことでしょう。病を負った人であっても、新しいからだになって再会できる希望の約束が、ここにあります。

Cross

2011年11月 6日 (日)

いつも近くにいる者ほど、愛に気づかない

2011.11.6(霜月) NO.342

わたしの愛する子  ルカ15:2532

 先週は、放蕩息子のたとえ話の前半からの説教でした。父が弟息子を迎える場面に、兄はまだ登場していません。宴会の最中に、畑から帰ってくるのです。しかしレンブラントの描く放蕩息子の帰還には、抱き合う父と弟の傍らで、腕を組み、まるで弟を見下げるような硬い表情で兄息子が描かれています。彼の心境は、どのようなものだったのでしょうか。

私も二人兄弟の長男で、このお兄さんの気持ちがわかるような気がします。畑から帰ってきた兄が、賑やかな音楽や笑い声を聞いたのでしょう。どこに行ったかわからなかった弟が帰ってきたからといって、こんな騒ぎをしていることに腹を立てたのだと思います。2830節にある兄の言葉は、普通の考え方からいっても、もっともなことであると思われます。まじめにやっていた者が、まるで損をしたように感じるところです。

放蕩三昧をして帰ってきた弟の無事を、父親と同じように喜ぶことができなかったのです。共に喜び、共に泣くことが勧められていますが、共に喜ぶことのほうが難しいことかもしれません(ローマ12:15)。愛されていることを、素直に認めることができないからです。

喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい。

父親は、この兄をなだめようとしましたが、頑としてそのいうことを聞きません。そこで父はついに、こう言いました。「おまえはいつも私と一緒にいる。私のものは、全部おまえのものだ。」これは、「どのようなことが兄弟の間でおきようとも、私が最も愛し頼りにしているのは、他ならぬお兄ちゃん、おまえなんだよ」と言っていることに他なりません。これもまた長男としての私にとって、わかるところがあります。

この兄息子は、父の元にいたのですが、その愛を感じ、受け止め、答えることができませんでした。愛を拒絶していたのです。人はどんなに愛されていても、そして頭では愛されていることがわかっていても、意地を張って拒むことができます。それほど、私たちの心は頑ななのです。しかしこの頑なさが砕かれるとき、自分を縛っていた律法的な愛から解き放たれ、自由にされるのです。そして本当の喜びを体験できるのです(32)

この兄息子は、私たちキリスト者の姿であると思います。神様と共にいるものが、実は神様の愛に飢えているのではないでしょうか。しかし、レンブラントは、この兄に光を当てています。神様の愛が、この兄にも注がれていることを示しているのです。

主イエスが、公生涯のはじまりに聞いた神様の声が、私たちにも掛けられているのです。

聖霊が、鳩のような形をして、自分の上に下られるのをご覧になった。また、天から声がした。「あなたは、わたしの愛する子、わたしはあなたを喜ぶ。」

ルカ3:22

2011年11月 2日 (水)

行って来ました、栄村

「行って来ましたよ、あなたの故郷、栄村へ!」とお話ししたら、たいへん喜んでくださいました。栄村は、長野県最北にある村で、この度の地震で道路や橋がダメージを受け一時孤立してしまった、所です。西には野沢温泉村、東は新潟県津南町、豪雪地帯にある村ですね。

JR飯山線の駅である、森宮之原の駅前での画像です。高い柱が立っており昭和20年2月12日に7メートル85㎝の積雪が観測された場所、と書いてありました。その高さになっているんですね。さすがに上越出身の私でも、想像を超えています。Dscf4699

地震で駅舎も被害を受け、ようやく立て直し、駅の前はまだ工事が続いていました。南にくだれば秋山郷といわれる、絶景の秘境です。残念ながらそこまで行く時間はありませんでしたが、とにかくその方の故郷に行けて、満足でした。その方とは、豊春商店街にあるお菓子屋さん「若竹」の奥様のことです。お団子一本60円、安い!うまい!大きい!

いよいよ11月、丘の上では12月にひとあし早いクリスマスを行います。皆様のお越しを、お待ちしております。

「christmas_at_okanoue.pdf」をダウンロード

Dscf4708

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »