フォト
無料ブログはココログ

« いつも近くにいる者ほど、愛に気づかない | トップページ | チケット販売中 »

2011年11月15日 (火)

天国、復活の希望

しばらくブログをお休みしてしまいました。

上越にいる、父の見舞いに続き、葬儀と結婚式が交互にありました。

特に、二人の方が召されたことは、大きな事でした。愛する者との別離は、どこに希望を持ったらいいのか、本当に再会できるのか、などいろいろ考えさせられます。

死者の復活もこれと同じです。朽ちるもので蒔かれ、朽ちないものによみがえらされ、
卑しいもので蒔かれ、栄光あるものによみがえらされ、弱いもので蒔かれ、強いものによみがえらされ、
血肉のからだで蒔かれ、御霊に属するからだによみがえらされるのです。血肉のからだがあるのですから、御霊のからだもあるのです。コリント人への手紙第1、15章42-44

御霊のからだとは、人間の思いを越えた、新しいからだのことでしょう。病を負った人であっても、新しいからだになって再会できる希望の約束が、ここにあります。

Cross

« いつも近くにいる者ほど、愛に気づかない | トップページ | チケット販売中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天国、復活の希望:

« いつも近くにいる者ほど、愛に気づかない | トップページ | チケット販売中 »