フォト
無料ブログはココログ

« 2012年 新しい船出 | トップページ | 新しい年も福音の広まりを願う »

2012年1月 3日 (火)

新しい船出 新年茶会を終えて

丘の上にて、正月三が日の新年茶会が開かれました。今年の元旦礼拝の説教題「新しい船出」に沿うように、小間には高山右近、日本決別の書状が掛けられていました。

秀吉によるバテレン追放令が出された翌年、右近の家族は金沢から北陸路を経て、マニラへと向かいました。細川忠興あての書簡であるが、お礼と共に之までの60年の生涯を、あなたはどう思うかと問うており、その問いはまさに現代の私たちへの問いともなっています。右近は、自分の命は南の海にはてるであろうが、その生涯に悔いの無いことを証ししています。まことに、潔いことばとなっています。

茶室の坪庭には、小さな池があります。その中央に、舟石があります。川を上り、そして滝をも上って復活の庭へと続くように、置かれているのです。新しい年、お一人びとりの船出は、どこを目指して進んでいくのでしょうか?神の国を目指し、潔い船旅でありたいと願う、お茶会となりました。

Dscf5217 Ike2

« 2012年 新しい船出 | トップページ | 新しい年も福音の広まりを願う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい船出 新年茶会を終えて:

« 2012年 新しい船出 | トップページ | 新しい年も福音の広まりを願う »