フォト
無料ブログはココログ

« 病気の人が癒やされ,死人が生き返る | トップページ | フェアプレーでいきましょう »

2012年2月28日 (火)

走り出す

埼玉県期待の市民ランナー川内さんは、東京マラソンの翌日、坊主刈りになって勤務地である春日部高校で記者会見に臨みました。給水にしっぱいし平常心を失ったのが、今回の残念な結果の一因であるとのこと。頭を丸めたのは、単なるパフォーマンスや反省では無く、次を期す決意の表れだと感じました。川内さんを応援していた多くの人たちは、これからも彼を応援し続ける気持ちを持ったのではないかと思われる、すがすがしい会見でした。もっとも、あまり気張らなくてもいいようにも感じましたが。

昨日は、2ヶ月ぶりにお茶事の稽古。テーマは「夜咄の茶事」で私は亭主のお手伝いである半東をいたしました。夜咄は一度だけお客さんで入ったことがあるだけなので、ほとんど知識が無く、先生にいろいろ指導していただき、亭主の助けになったかどうかわかりませんでしたが、勉強になりました。日が次第に暮れていき、お客様が帰られる頃にはすっかり暗くなるわけで、そのようななかでいかに丁寧にお仕えし、足元の暗い中安全に帰っていただくように整えるのは、いろいろ工夫が必要でした。

本来夜咄は、親しい人たちとゆるゆると時間を過ごす、それが楽しむというお茶事です。忙しく日々を過ごし、いろいろな問題が山積している人にとっては、いったい何をしているのか!とおしかりを受けそうな集まりです。しかし、つらいときにあるからこそ、このようなゆるゆるとした時間は、何かを与えてくれるような気がします。

竹檠の芯を調節する師匠Dscf5393

今日は、久しぶりに内牧サイクリングコースを走りました。5月4日の大凧マラソンに出走するので、まじめにトレーニングの開始です。昨年は震災のために中止となったので、実質初参加と言うことになります。伊藤夕子さんももちろん参加で、教会の仲間も気合いを入れて参加することになっています。残念ながら、川内さんは参加されませんが、私的には「2時間7分台を目指します」と彼が東京マラソン前に言った言葉を胸に刻み、がんばりたいと思います。もっとも、之はハーフの種目ですが、自分にとってはきつい目標だと思っています。ちなみに今日は、1周約5キロの距離を30分でしたから、ばてないでハーフを走れば大丈夫でしょう。ちょっと疲れたので、ホントニ行けるかな?

新しい年度を控え、確かにいろいろな課題があります。厳しい船出だと感じています。しかし気持ちを切り替え、主により頼み、仲間を信頼して走り始めました。これからもヨロシク!

« 病気の人が癒やされ,死人が生き返る | トップページ | フェアプレーでいきましょう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走り出す:

« 病気の人が癒やされ,死人が生き返る | トップページ | フェアプレーでいきましょう »