フォト
無料ブログはココログ

« ついに出ました、内定通知! | トップページ | 困難であるからこそ、前に進む »

2012年2月14日 (火)

シャッターアート優秀賞

春日部の街を元気にする一環として、「シャッターアートを和服で歩こう」というイベントが行われました。主に、東口のお店のシャッターに、その店にちなんだ絵を江戸時代風に描こうというもので、その前を和服で歩こうという趣向です。そして写真を撮って送り、良い作品には賞を差し上げようというものです。

以前このブログにもアップした箪笥の話し、覚えていらっしゃいますか?母親が嫁入り道具に持って来た、桐の箪笥をよみがえらせてくださったお話です。そのお店が山田箪笥店です。今回は、その恩返しに、朝山田箪笥店さんの前で撮りました。それがなんと優秀賞に輝き、ただ今ぷらっとかすかべに展示されています。もちろん、最優秀賞に輝いた作品もありますよ。春日部の街を元気にし、良い伝統を受け継いでいく。私もそんなことの中で、お役に立ちたいと願っています。

Dscf5350 Dscf5352

ちなみ、下の画像が山田箪笥店初代「長松」さんの焼き印を振りかざしているところです。金槌のように見えますが、焼き印です。頭に「○に長」が刻印されています。わかるかな?一度おいでください。なお、春日部市内には、30近いシャッターアートが描かれています。町を歩きながら、それぞれにアートに目を向ける楽しみがあります。春日部ファミリー新聞にも掲載されますので、そちらもご覧ください。

Dscf5253

« ついに出ました、内定通知! | トップページ | 困難であるからこそ、前に進む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャッターアート優秀賞:

« ついに出ました、内定通知! | トップページ | 困難であるからこそ、前に進む »