フォト
無料ブログはココログ

« 寒いときの、冷たく熱い話 | トップページ | 病気の人が癒やされ,死人が生き返る »

2012年2月22日 (水)

なぜシャッターアート?

以前、シャッターアートのことを、ブログにも書きました。「閉まったお店のシャッターに絵を描いたからって、それがなんになるの?空いてなかったら、意味が無いのでは?」という質問が、寄せられました。ほんと、その辺は自分でも気になるところです。

このことに関して、毎日のように情報を発信してくださるKさんによる、非常にわかりやすい解説がありました。夏炉冬扇を下記にリンクいたしましたので、ご覧ください。

夏炉冬扇1646号→shutter_art.pdf」をダウンロード

おもわず、「そうだったんだ~」と納得してもらえるはずです。また、ある方は、シャッターに描かれた絵に思わず引き込まれ、ズーと見入ってしまった感想をくださいました。そういう方は、お店の開いているときに行ってみよう、という気持ちになるのですね。是非春日部東口に、足を運んでみてください。私も、30軒全てをまわってみようと思います。

« 寒いときの、冷たく熱い話 | トップページ | 病気の人が癒やされ,死人が生き返る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜシャッターアート?:

« 寒いときの、冷たく熱い話 | トップページ | 病気の人が癒やされ,死人が生き返る »