フォト
無料ブログはココログ

« クリスチャンというのは、あだ名だった? | トップページ | »

2012年3月23日 (金)

桜 卒業!

小雨の降りしきる3月23日、新富町の駅を降りて坂道の階段を上っていきました。サインボードに導かれていったのは、フェリス女学院大学「カイパー記念講堂」。桜が、学位授与式、卒業式を迎えたのでした。Dscf5426

 祈りと賛美が捧げられ、礼拝式の中で600名超える学生一人一人に学位記が授与され、学舎から巣立っていきました。思い返せば、合格できるとは思えなかった成績でありながら、受験の前年より導入された授業を聞いてそれをまとめるという試験に合格し、まさに神様の哀れみと恵みによる学生生活のスタートでした。教会員のSさん宅に2年間下宿させていただき、親元を離れての経験もできました。就職先がなかなか決まらないという厳しさの中でも、何とか当初から願っていた学校事務に就職が決まり、一昨日は先輩の方々と掃除をしてきました。新しい事務机が用意されており、いよいよここで働くのだという思いが高まってきたことでしょう。

 式の中で捧げられた宗教主任の先生の祈りは、この厳しい時代に出て行く人たち、そしてなお困難な中にある人たちのことを覚えた、励ましと暖かさを感じるものでした。また、学長先生の告辞(卒業の講話)は、ネオニヒリズムの時代にあって、歴史を学び、自分の物語を語っていくことの大切さを整えられた文章で語られた、深い内容のものでした。(2010年の告辞→告辞

 すばらしい先生方、そしてよき友人にも恵まれた、幸いな4年間であったと思います。Dscf5430

 ここまで導いてくださった神様と、祈り支え、そして励ましてくださった方々に、心から感謝しております。なんといっても、私の大学生活の最後は、卒業式には出ず、4月になって母校を訪ねて、学生課の方から卒業証書を受け取った次第ですから、なんと幸いなときだったことかと、感無量でした。ハイ、親ばかなブログになってしまいましね。

« クリスチャンというのは、あだ名だった? | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜 卒業!:

« クリスチャンというのは、あだ名だった? | トップページ | »