フォト
無料ブログはココログ

« 天使が浦和に降り立った | トップページ | 派遣 »

2012年5月 5日 (土)

ハイタッチで完走!

GWの5月4日、昨年は震災のために中止となった、春日部大凧マラソンに出場しました。教会の仲間と共に、ハーフの部にエントリーです。今年で24回目ですが、年々参加者が増えているということで、合計10279名のエントリーがありました。私は50代男子の部でしたが、その部門だけでも1137名、去年より89名の増加です。

結果は画像の通り、何とか完走することができました。目標タイムの2時間30分を切ることができ、初ハーフ挑戦としては良かったと思います。しかし、右足膝の関節が痛くなり、今もアイシングしながらこのブログを綴っております。こういうところが、まだまだ未熟なんですね。で、我らが市民ランナー伊藤夕子さんは、一般女子の部でダントツの1位、4連覇を成し遂げました!之はすごい。副賞の大凧をいただき、翌日のピクニックでは、その偉業を祝ってたこを揚げました。あいにくの無風状態で、Kさんが一生懸命走ってあげてくれました。庄和会堂の小野先生と一緒に、撮りました。ちょうど知り合いのプロカメラマンが来ており、たこを揚げている見応えのある写真を撮ってくださったので、感謝でした。神様のすてきな計らいでした。

Marathon_002 Picnicムービー→たこ揚げ

今回完走できたのは、沿道の人たちの励ましです。教会の方々が、それぞれのところで声を掛け、プラカードや旗を掲げて応援してくました。それだけでなく、見知らぬ方が明らかにばてている私を見て、声を掛けてくれたのです。12キロを過ぎ、大凧会館の見える江戸川の土手を走っているとき、この辺でもうやめようという思いに駆られました。関門を過ぎて県道におりてきたころには、足が思うように動かなくなり、歩いているのか走っているのかわからない状況に。しかし、ゴールまであと3キロほどのところで手をかざしている親子(祖母と孫?)を発見。この3人とハイタッチしたとき、不思議と力がわき上がってきました。その後は教会のMくんを追い越して、そのままゴールすることができたのです。応援の力って、すごいですね。心の中では、イエス様にハイタッチした気分でした。

こういうわけで、このように多くの証人たちが、雲のように私たちを取り巻いているのですから、私たちも、いっさいの重荷とまつわりつく罪とを捨てて、私たちの前に置かれている競走を忍耐をもって走り続けようではありませんか。ヘブル人への手紙12:1

« 天使が浦和に降り立った | トップページ | 派遣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイタッチで完走!:

« 天使が浦和に降り立った | トップページ | 派遣 »