フォト
無料ブログはココログ

« あなたの重荷は、イエス様がになう | トップページ | 市民文化講座第1回が行われました »

2012年7月29日 (日)

確かな主のみわざ 使徒15:22-35

道に迷っても、再び新しい道を見いだし目標が定まったなら、もう迷うことはありません。選んだルートを確信して、進だけです。

エルサレム教会で話されたことは、バルナバとパウロと共に、ユダとシラスを使者として口頭と文書でアンテオケ教会に送られることとなりました(22-27)。異なる教えに動揺させられ、迷っていた異邦人キリスト者は、これで自分たちの信仰生活の正しい指針を得ることとなりました。特にイエス様を信じて間もないときには、いろいろなことで信仰に関わる悩みを持ちます。そのときに、教会の仲間が祈ってくれて適切な指導をしてくれることは、後々まで続く大きな助けとなります。

先週お話ししたように、ここで決められたことは、記されている順番が違いますが、偶像に供えた物を避けること、不品行を避けること、絞め殺された物を避けること、そして血を避けるという四点でした(28-29)。この決定を聞いたアンテオケの人たちは大変喜びました(30-35)。ユダとシラスも、パウロとバルナバも共にみ言葉をさらに教え、異邦人の回心者たちを大いに励ましたのでした。迷っているとき、み言葉に立ち返り、これからの道筋を確かめることは、今の時代にも必要な基本的な信仰者の態度でしょう。

この中で特に日本人キリスト者として問題になるのは、「偶像に供えたもの」に関わることでしょう。ここで言う偶像とは、ギリシャ、ローマ神話に出てくる神々や、自然界そのものを神としたり人間を神とする事を指します。日本においては、キリスト教からみて神でないものを表します。神社仏閣、神棚や仏壇などのことです。また、金銭や健康、あるいは特定の人物も心を奪われる偶像になることがあります。皮肉なことに、音楽などで人気のある人たちをアイドルと言いますが、それは偶像(idle)から来ている言葉ですから、おもしろいですね。

ある意味、偶像で満ちているこの国にで、キリスト者はどのように生活したらいいのでしょうか?私は、そのようなものを偶像として頭から退けたり否定するのではなく、それが置かれている意味や、大切にしている人たちの思いを理解することだと思います。そこから導かれる行動が、たとい他のキリスト者と違っていても、その人の確信に基づいた物であれば良いと考えます。元々偶像はないのですから(1コリント8:4)、人につまずきを与えない行動が大切なのです。

主イエスは、律法を廃棄するためではなく成就するために来られ、その律法の精神は、神を愛し、自分を愛するように隣人を愛することでした(マタイ22:36-39)

ナルニヤ物語では、戦いの時に「ナルニヤのために、アスランのために!」と言って立ち上がるシーンが良くあります。それは、律法の心でしょう。私たちも迷ったとき、この確信に立ち返って、むなしいものではなく、主のために自分の命を賭けていきたいのです。

ピリピ1:21

私にとっては、生きることはキリスト、死ぬこともまた益です。

2012.7.29(文月) NO.373 

« あなたの重荷は、イエス様がになう | トップページ | 市民文化講座第1回が行われました »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« あなたの重荷は、イエス様がになう | トップページ | 市民文化講座第1回が行われました »