フォト
無料ブログはココログ

« 実は、積極的な生き方なのです。 | トップページ | 目を留めるものは »

2012年10月29日 (月)

チャリティー茶会

10月27日の土曜日、今年も、丘の上でチャリティー茶会が開かれました。15回目のお茶会でしたが、席を持って下さったのは、裏千家の藤井宗輪先生がホールにて立礼席(りゅうれいせき)、江戸千家渭白流の香田静寛先生が小間にてお濃い茶席、教会茶道部は表千家、髙橋敏夫先生が復活の庭にて薄茶席。そしてクリスチャン陶器師の椿巌三先生が広間にてお濃い茶席を初めて持って下さり、新しい風が吹いたように思います。

私たちの席は野外の席ですから天候が気になるところ。この日は、ちょうど良い気温で、時折雲の間から日差しが差し込む野点日和となりました。さすがに夕方になると風が出てきて、肌寒さを覚えたのですが、予定の10席を持つことができ、184名の方が席に入って下さいました。髙橋牧師の、茶の湯は趣味を越えた人生そのものであることを、ユーモアを交えて語って下さいました。

他の席の様子は、来てくださった方々お話しによると、それぞれに趣向が凝らされた素敵な席であったということです。また講演の、裂地と表具のお話しは大変興味深かったこと、会堂のオルガンとソプラノの独唱は出演者のドレスが大変素敵なもので、演奏を十分楽しめた、とのことでした。

これらのこととが一つなり、この会の進行のために奉仕してくださった方々に支えられて、名残の茶会を無事に終えることができ、感謝しております。

それにしても、9:30~午後4時まで、ずっと座っていることが多かったのですが、足のしびれはありませんでした。芝生の上は、柔らかなのですね。神さまの造られた世界は、元々優しい世界だったのだと思います。

Dscf6608

Dscf6610

 

« 実は、積極的な生き方なのです。 | トップページ | 目を留めるものは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャリティー茶会:

« 実は、積極的な生き方なのです。 | トップページ | 目を留めるものは »