フォト
無料ブログはココログ

« 主よ、みもとに | トップページ | 繁栄と平和を求めても »

2012年11月25日 (日)

隠された罪の告白

罪の淵からの回心 使徒19:8-22

再び訪れたエペソで、パウロは足かけ3年ほどとどまり、神の国の福音を宣べ伝えました。心をかたくなにして、彼の教えを聞かない人があっても、ツラノの講堂に出向いて人々と論じ、イエスのことを語り続けたのでした。

そのパウロが身につけている手ぬぐいや前掛けを病人に当てると、病気は治り悪霊は出て行くという奇跡が起こりました。これは、彼の語っていることが真の神の教えであることを示す、しるしとしての奇跡だったのです。13節以降に書かれているような魔術的なものではありませんでした。

このようなことをみれば、自分もやってみたいと思う人が現れるのは、昔も今も変わりません。ユダヤの祭司スケワという人の7人の息子たちがパウロのまねをして、イエスの名を使って悪霊を追い出そうとしたのです。ところが、彼らはかえって押さえつけられ、打ち負かされてしまったのです。主の御名をみだりに唱えることを禁じられている十戒を思い起こさせる出来事です(出エ20:7)。私たちもイエス様の名前によってお祈りをしたり、事を決めるとき、本当にイエス様により頼んでいるでしょうか?

この出来事は、周りの人たちに自分たちのしていることをさらけ出して、告白するという事を引き起こしました。魔術や占いに関する書物(パピルスや羊皮紙に書かれたもの)を持ってきて、それらを焼いてしまったのです。その値段の合計は銀貨5万枚というのですから、いかに多くの人たちがこれらのことの虜になっていたかがわかります。悪霊は、人を恐怖に陥れます(ローマ8:15)。今日占いなどはゲームやカウンセリングのように扱われていますが、霊的な世界のものであることに注意しなくてはいけません、

このような出来事の今日的なポイントは、「自分たちのしていることをさらけ出して告白した」ということです。隠されている罪が明らかにされ、神様の前に告白し、赦しをいただくことです。必ずしも、偶像礼拝だけではありません。人知れずにおかしている不品行、ねたみ、盗みなどがあなたの心を苦しませ、平安を奪い取っているのです。詩篇の作者もこのことを歌っています。

詩篇32:1-5  幸いなことよ。そのそむきを赦され、罪をおおわれた人は。幸いなことよ。主が、咎をお認めにならない人、心に欺きのないその人は。私は黙っていたときには、一日中、うめいて、私の骨々は疲れ果てました。それは、御手が昼も夜も私の上に重くのしかかり、私の骨髄は、夏のひでりでかわききったからです。 私は、自分の罪を、あなたに知らせ、私の咎を隠しませんでした。私は申しました。「私のそむきの罪を主に告白しよう。」すると、あなたは私の罪のとがめを赦されました。

アメージングレイスの作者ジョンニュートンは、奴隷商人として最初の嵐に遭ったとき、イエスを信じました。しかし船長になった直後、大きな病を経験して、真の回心を経験し、奴隷船からおりたのです。イエスを信じその罪を赦されることは、新しい人へと造り変えてくださる神様の奇跡なのです。

1ヨハネ1:9 もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。

2012.11.25(霜月) NO.385 

« 主よ、みもとに | トップページ | 繁栄と平和を求めても »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隠された罪の告白:

« 主よ、みもとに | トップページ | 繁栄と平和を求めても »