フォト
無料ブログはココログ

« メジロが・・・ | トップページ | 主日の祈り »

2013年2月24日 (日)

老いては子に従え?

本日は、中央会堂での説教要約です。

先週、元春日部市立病院の院長であられたK先生の葬儀が営まれました。無宗教の前夜式、お別れの会ということで、弔辞のあとに会葬者が花を手向けてお別れをいたしました。

誰にとっても、自分の最期をどの様に迎えるかは、大きな関心事であると思います。三浦綾子さんが言われたように、人の死は最後の死事(しごと)ですね。最近では、エンディンノートが何種類も販売され、インターネットで無料で取ることもできます。自らの死にしっかりと向き合い、最期を迎える備えをしようという人が増えているのだと思いまし、これは必ずしも高齢者に限ったことではありません。自分の葬儀をどの様にして欲しいのか、お墓はどうしたいのか、そういったこともきちんと家族に話しておくことは、大切なことだと思います。

主イエス様は、ご自分の最期についてはっきりと弟子たちに告げられました。それは、ユダヤ人の手に渡されて殺され、三日目によみがえるということでした。しかしこのとき、どれだけの人たちがこの言葉の意味を理解していたでしょうか。

イエス様は、祈るために山に登られました。3人の弟子たちが同行したのですが、彼らはモーセとエリヤがイエス様と語り合っている姿を見てしまいました。イエス様は驚くほどの白さで輝いていたというのです。ロシアに落下した隕石が放ったという光よりも輝いていたかもしれませんね。弟子たちはこの素晴らしいところにとどまっていたいと思い、おもわず幕屋を作りますと言ってしまいました。彼らは、裂きにイエス様が言われたその最期のことを、きちんと理解できていなかったのです。その時雲がわき起こり、その雲の中から声が聞こえたのです。「これはわたしの愛する子、私の選んだものである。彼の言うことを聞きなさい」

この声は、父なるかみ様からの声であり、イエス様がバプテスマのヨハネから水の洗礼を受けたときに聞こえた声とよく似ていました。御子イエスは、まず父なるかみ様からの愛を受けておられました。私たちは、その御子に聞き従うことが求められているのです。なぜなら、イエス様自身が、自分の願いではなく父なる神様の御心に従われたからです。

私たちは、誰の声に従って生きているでしょうか。やがて、神様から呼ばれるときが来るでしょう。その時まで、永遠の都をめざして主のみ声に従う日々を送りたいものです。

ピリピ3:20

けれども、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいます。

« メジロが・・・ | トップページ | 主日の祈り »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老いては子に従え?:

« メジロが・・・ | トップページ | 主日の祈り »