フォト
無料ブログはココログ

« いよいよ来週です | トップページ | 大凧マラソン ハーフの部完走! »

2013年4月28日 (日)

自分の務めに熱心ですか?

あわれみによる務め 2コリント4:17

昨今の就職活動は、ずいぶん厳しいものがあります。働く意欲や能力があっても、自分に合ったやりがいのある仕事に就くことは、難しいようです。

回心したパウロは、その生涯を福音を宣べ伝えることに献げました。イエスキリストを証しすることが、自分の務めであると確信したからです。しかしそれは、自分がそのような務めに最初からふさわしかったからではありませんでした。むしろ、昔からの律法を守ることに熱心で教会を迫害する者でした。回心したばかりの頃は、教会の人たちから恐れと疑いの目で見られたことでした。

そのような人物が宣教の務めを果たすようになるのは、神様のあわれみによる以外ありませんでした。ですから、福音を伝えることは、借金をどうしても返さなくてはいけないように、自分のなさなくてはならない務めであるとこれに励んだのでした。

パウロはその務めを果たすために、勇気を失っていませんでした。また、恥ずべき事柄を捨てていました。そして、悪だくみに歩まず、神様の言葉を曲げずに伝え、真理を明らかにして自分自身を人々の良心に推薦しました。これらはすべて、神様のあわれみよることであったというのです。

しかし自分の務めに熱心であっても、福音を聞く人たちが全てパウロの語る言葉に耳を傾け、イエス様を信じたわけではありませんでした。まるでその人に覆いが掛けられているように、サタンがその邪魔をしているのです。確かに、福音を伝える側に問題があって、信仰に導くことができなかったり、相手をつまずかせてしまうようなことになることもあります。言い訳ではなく、福音を聞いた人の側にそれを拒むことがあるということなのです。私たちは、そのような人たちの心が開かれて、福音を真摯に聞いて救われることを祈るしかありません。

それにしても、この務めの中心は、イエスキリストです。それは福音であり、この世にある全てのものにまさる宝物です。それを入れているのは、立派な宝石箱ではなく、もろくて壊れやすい土の器である私たちなのです。ここにも、神様のあわれみがあります。もろい者であるからこそ、神様はこれを用い、イエスキリストというかけがえのない宝が輝くようにしてくださるのです。

福音を伝える努めに預かる人たちが、今、求められています。フルタイムの献身者として、牧師や宣教師になる人が必要です。また、教会を通して地域に貢献する人が必要です。いわゆる、教会献身者です。そして、自分の学業や仕事を通してイエスキリストを証しする人です。主婦や社会人であっても、その心にはいつもイエス様を証しする思いを持っている人のことです。

このような人たちの務めは、なかなかたいへんでしょう。しかし神様は、大きなあわれみを持って私たちをそのいずれかの務めにつけてくださっているのです。神様のこの務めをあなたは分かっているでしょうか。その務めを理解し、そしてその務めを果たしていくことが、お互いに求められているのです。

1コリント15:58 ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。

2013.4.28(卯月) 中央 

春日部福音自由教会 山田豊

« いよいよ来週です | トップページ | 大凧マラソン ハーフの部完走! »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の務めに熱心ですか?:

« いよいよ来週です | トップページ | 大凧マラソン ハーフの部完走! »