フォト
無料ブログはココログ

« お土産いっぱい | トップページ | 伝道のためにがんばってください »

2013年5月31日 (金)

でかいぞ、ブラジル

5月15日より2週間の休暇をいただき、ブラジルに行って参りました。メインは、18日に行われた家内のお姉さん夫妻の金婚式の祝いの席で、私たちは日本からの親族代表(と、勝手に思っている)として列席することでした。3人の子供達とそれぞれの孫たちが良く準備をされ、教会の兄弟姉妹、友人やご主人の立ち上げたデイサービスに通所されている方も集われ、200名を超える列席がありました。祈りとメッセージがあり、まさに伝道会の趣で、たいへん恵まれるひとときでした。

20日から25日までは、イグアスの滝とリオデジャネイロの観光ツアー。定番の記念撮影をアップいたします。特にイグアスの滝は、ボートによる滝壺ツアーに参加したのですが、ナイアガラ滝とは全く違い、スリルとスピードに充ちた実に迫力のツアーでした。近々、動画にアップしたいと思います。それにして、毎食ごとにでるフルーツは新鮮でおいしく、肉や豆を使ったブラジル料理を堪能して帰って参りました。

Iguas_1 Iguas

Rio

今回は、サンパウロ州にある4つの教会を訪ねることができました。同じキリスト教会でありながら、ルージラモス教会は日系人伝道の母なる教会としての存在感を持ち、そこから生まれたパライソ教会は、若い人たちの活気に満ちていました。市内の日本基督教団の教会は一世の方が中心の伝統的な礼拝スタイルを守っておられました。遠くバウルにあるバプテスト教会では、ブラジル人のための教会で、外国人宣教師からブラジル人の牧師を求める教会に変わる時期にありました。

ブラジル人といっても、日本人のようにその姿は一様ではありません。ネイティブな人たちに加え、日本も含めた世界中からの移民とその子孫たちによって「ブラジル人」が生まれており、実に多様な人たちのいる国です。教会は一つであるが多様であると聖書に描かれていますが、そのことを実感させられた時でした。そして、どの教会も宣教の思いに燃えており、キリストの弟子を生み出し、世界に送り出していこうとするビジョンと実際の行動力に、大いに刺激を受けました。

« お土産いっぱい | トップページ | 伝道のためにがんばってください »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: でかいぞ、ブラジル:

« お土産いっぱい | トップページ | 伝道のためにがんばってください »