フォト
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月16日 (日)

戸を取り払う

宗教か福音か 使徒25:13-22

私がイエス様を信じて間もない頃、「信仰生活には『戸』があってはいけないよ」と言われました。イエス様を信じることは現実の生活の中でのことであり、たとえば日曜日は教会で信仰者として過ごし、あとの六日間を信仰の無い者のように過ごすことは本当のキリスト者では無い、ということだと思います。つまり、信仰と生活がばらばらになっていることを戒めた言葉です。

新しい総督となったフェストは、表敬訪問にやってきたアグリッパ2世を前に、パウロの処置をどの様にしたら良いかたいへん困っていることを告げます。彼は、パウロにはユダヤ人が訴えているような死に当たる犯罪を見つけることはできなかったからです。その彼の言葉の中に、この問題は「彼ら自身の宗教に関することである」というのがあります。イエスの復活は、彼が扱う政治的な問題とは全く次元の異なるテーマでした。霊的なことなのです。しばしばキリスト教も知的なことに傾きがちですが、聖書の語るイエス様の物語は、そして福音は、霊的なものなのであり、人の知識で納得するものではないのです。このことを受け入れるには、聖霊なる神様の助け、導きが不可欠です。

1コリント2:11  いったい、人の心のことは、その人のうちにある霊のほかに、だれが知っているでしょう。同じように、神のみこころのことは、神の御霊のほかにはだれも知りません。

このような態度は、フェストに限ったことではありません。21世紀に生きている私たちにも、同じようなことがあるのです。

先月訪れたブラジルは、カトリックが国教となっています。しかし信教の自由が認められているので、プロテスタント(現地では福音派という言い方らしい)の教会や、土着の宗教があります。カトリック人口は減少している(200073.6%から、201064.6%IBGEブラジル地理統計院の国勢調査)とはいえ、これを無視することはできないでしょう。このような国に移住した日本人の中には、洗礼を受けてカトリックになった人たちがいました。それは信仰からと言うよりも、洗礼を受けなければブラジルという社会の中で暮らしていくことがいろいろな理由で困難だったからです。形だけのクリスチャンと言えるでしょう。

パウロも、イエスの物語や福音を、頭で理解していたことを悔い改め、こう言っています。

私のことばと私の宣教とは、説得力のある知恵のことばによって行なわれたものではなく、御霊と御力の現われでした。それは、あなたがたの持つ信仰が、人間の知恵にささえられず、神の力にささえられるためでした。

福音は私たちの生活そのものです。イエスキリストの復活が私たちに希望を与え、生きる力となるのは、主の教えが宗教では無く福音そのものであるからです。

そして、あなたがたはキリストのものであり、キリストは神のものです。

1コリント3:20 

2013.6.23(水無月) 407 

2013年6月10日 (月)

イグアスの滝へ

 ブラジルに行く思いを決めてから、是非入ってみたいと思ったのが、イグアスの滝です。映画ミッションの冒頭、十字架につけられた宣教師が真っ逆さまに滝壺に落ちていく、この場所こそがイグアスの滝だったからです。

 5月20日、サンパウロ郊外の飛行場からアズール航空の飛行機で約2時間、フォースドイグアス国際空港に向かいました。町の中心部にあるホテルは朝食にたくさんのチーズとフルーツが出る、素敵なホテルでした。イグアスの滝は、ブラジルとアルゼンチンにまたがり、全長4キロメートル、落差80メートルの間に、大小約300の滝が段をなして連なっているといいいます。果たしてどんな光景が目の前に広がるのか、遠足の前日のような子供の心境でベッドに入りました。

 21日の午前中は公園内に入って、ガイドさんの案内を聞きながらスピードボート乗り場へ。このゴムボートがめちゃくちゃ速い!ナイアガラ滝の霧の乙女号とは全く違う迫力で、滝壺へ。だめになる覚悟で、デジカメ撮影を試みましたが、滝のような(いや、本当の滝!)水を浴びて手を出していられなくなりました。午後は、アルゼンチン側に回り、かわいい列車に乗って移動。川にかかっている展望橋を歩きながら悪魔ののど笛のすぐ近くへ。ここでも激しい水しぶきを浴び、イグアスの恵みをたっぷり味わいました。途中の右側には、映画ミッションの撮影に使われた場所があり、ゆったりとした流れになっていました。よく見るとワニさんが日光浴をしていました。 映画ミッションは、先住民への布教に従事するイエズス会宣教師たちの彼らへの愛と、母国の指示によって生まれた葛藤を描いているイギリス映画です史実を元にしたヒューマンドラマなのでしょうが、元々住んでいる人たちのいる国や地域で宣教することの困難さ、課題を考えさせる映画だと思います。この映画の元となり、ロケ地にも来られたことは、感謝でした。

クリック→スピードボート

クリック→滝壺へ

22日は、健康の回復したお姉さんと真佐子も一緒にイグアスの滝へ。早朝に行ったためお客様はまだ来ておらず、展望台からイグアスの全景を見ることができました。神さまの造られたワンダーランドに心躍らせ、自分のミッションにも思いをはせるツアーとなりました。

クリック→イグアスの滝全景

2013年6月 9日 (日)

訴えてやる!?

訴えられても 使徒25:1-12

「冤罪」ということがあります。また不当な訴えで、苦しむということがあります。使徒の働きの後半に描かれているパウロの生涯は、妬みに駆られた人々から不当な訴えを受け、その弁明に終始するかのようなものでした。

新しく総督に就任したフェストは、いったんエルサレムに上りますが、短期間でカイザリヤに戻ってきました。パウロ殺害を企むユダヤ人から、エルサレムに彼を連れてくるよう懇願されるのですが、それを断ったのです。しかし彼はユダヤ人の歓心を得るために、自分が席に着くのでエルサレムで裁判を受けるよう勧めました。周りの人の顔色を見る、軟弱な姿を暴露しています。

それに対してパウロは、毅然として答えます。自分は訴えられているような罪は犯していない、カイザルの法廷に上訴する!と。

これは単に、彼の憤りから出たことではありません。今エルサレムに上れば途中で命を落としかねず、正当な裁判を受けることもないであろうことは容易に想像されました。なによりも、彼が神様から受けたことは、ローマで証しすることであり(使徒23:11)、この最も大切な使命を果たすことができなくなるのです。ローマの市民権を持つパウロは、最後の法廷とも言えるカイザルの法廷に立ち、そこで弁明することが福音を宣べ伝えることになると確信したのです。

現在の私たちは、身に覚えのないことや、いわれのないことで訴えることは滅多にないことです。しかし私たちの心の中に、訴えるものがあります。「おまえはクリスチャンとしてそんなことでいいのか?」「形だけの奉仕で、心がこもっていないではないか!」「教会に行くのは止めた方がいいよ」などといった声です。

これはサタンからきているものであり、私たちを神様の愛から引き離そうとするものです。心理的な作用もあるでしょう。考えてもみてください。もともと私たちは、神様の子供となるにふさわしい者ではなかったのです。パウロは、イエス様と教会に反対する者だったのです。そのような者が救われ、神の子とされ、神様のために仕える者となったのは、神様のからのあわれみに他なりません。それ故、私たちは訴えの声に負けて、心を縮ませてはならないのです。あなたが今確信を持って行っていることをくじけさせようとする声があっても、ひるんではなりません。

たとい自分の心が責めてもです。なぜなら、神は私たちの心よりも大きく、そして何もかもご存じだからです。1ヨハネ3:20

パウロも、そして主イエス様も、不当な裁判を受けましたが、最後は父なる神様に自らをゆだねました。その思いを、今日新たにさせていただきましょう。

 私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。ローマ8:38

2013.6.9(水無月) 406 

2013年6月 6日 (木)

ブラジルにもお茶の作法が

 初めてのブラジル訪問は、どこに行ってもおいしいフルーツ、お食事でもてなしを受けました。なかでも、福浦さんの長男夫妻からいただいたシュハスコは絶品でした!

 シュハスコとは、ブラジルのバーベキューのこと。多くのお宅には専用の炉(オーブン?)があるようで、鶏肉、豚肉、牛肉そしてソーセージが炭火で焼かれ、切り分けられて盛りつけられました。肉はいくつかの部位をいただきましたから、多くの種類のお肉をいただいたことになります。デザートはシナモンを掛けたパイナップルの炭火焼き、お肉をいただいた後の甘酸っぱさは格別の味わいです。

Oven

 その時に出されたお茶が、シマホンというもの。これはブラジル南部のお茶の飲み方で、粉末にしたマテ茶を専用の茶器(クイナ、材料はひょうたん)に入れて、ボンバ(あるいはボンビーリャ)といわれる金属製のストローで吸います。器に入れたお茶の盛りつけ方がホストの趣向であり、ボンバを勝手に動かしてはいけません。奥様は、ペルーやアルゼンチン国境近くの南部出身者で、いわばシマホンの地元ということで、丁寧に説明をしながら、シマホンを出してくださいました。いただいたその一口目の味は、なんとお抹茶そっくり!デザートをいただいたあとのシマホンが、身体全体をさわやかにさせてくれるようで、最高の味わいでした。

Chimarao

 このシマホン、味だけでなく、茶席でのお抹茶のいただき方とよく似ているのです。ホストはまず、最初に飲みます。これは、亭主があらかじめ器や味を吟味しているのと似ています。一人ずつ吸いきって、亭主を介して次のお客さんに回して飲みます。この「回し飲み」という仕方が似ています。最後の客は、吸いきるときに「すっ」と音を立てます。お詰めが濃茶を吸いきるときに音を立てるのと、そっくりです。そしてこの茶器だけは水で洗い、洗剤は使いません。茶碗を初め茶道具は、基本的に水で洗います。お肉をいただいた後の飲み物として、爽やかな感じを与え、消化吸収を助ける効果もあるそうです。会席料理とお菓子の後にお濃茶をいただき、最後はお薄で茶会を終える、そんな流れにも通じるではありませんか!

26109 ←右はテレレといい、冷茶を飲む仕方で使われる茶器(グアンバ)

正式なお茶会(茶事)にはいくつかのルールがありますが、ブラジルでは参加者が自由に話しながら料理をいただき、何杯でもシマホンをいただくことです。日本の茶会は、その点控えめであるかもしれません。いずれにせよ、お客様を精一杯もてなし、一座建立、ホストも客も一つになってこの日に会えたことを感謝し楽しむことは共通していますね。

 感謝の表れとして、私は持参した携帯茶道具をプレゼントいたしました。奥様は、本場のシマホンセットを送ってくださるとのこと。シュハスコとシマホンを通して、ブラジルの方たちの心に触れた幸いな経験でした。

2013年6月 2日 (日)

伝道のためにがんばってください

 本日の礼拝説教は、4月28日の説教と同じタイトルです。しかし、ブラジル帰りということもあって、彼の地で出会った一人の牧師先生のことを綴りたいと思います。

 5月28日帰国の日、その午前中に日本基督教団サンパウロ教会に伺いました。ブラジルでは珍しいフルタイムの牧師先生がおられ、日本語とポルトガル語の週報が用意されていました。牧師先生は私の卒業した神学校の大先輩であることが分かり、親しみを感じました。

 この教会を会場に、私たちを泊めてくださった福浦さんが立ち上げた高齢者介護の働きであるデイサービスが行われています。その集いに連れて行かれたわけです。通所者が平均年齢90歳、最年少の方が80歳という私にとっては異次元とも言えるような(<(_ _)>)所です。では最高齢者は?それが、今年の1月で満101歳になられたM牧師先生でした。短いお交わりでしたので多くを知ることはできませんでしたが、かくしゃくとしておられ、もちろん頭脳も明晰。月に一度は、説教をされるとのことでした。戦前からブラジルに来られた方々の一人で、弟さんは非常に大きな養鶏所を経営しておられ、この地域では知らない人はいないほどとのこと。ご自身は鶏の肉や卵を販売しておられたそうです。

 私たち夫婦は、ここで腹話術とお茶を差し上げただけですが、食事の時隣に座っておられたM先生と別れ際に握手をいたしました。その時「伝道をがんばってください。私もここでがんばりますから、祈ってください!」と言われたのです。100歳を超える方からこのようなことを言われたのは初めてで、胸が熱くなり、思わず涙が出てしまいました。ここに連れてきていただき、このような出会いがあったことは、今回のブラジル旅行の総まとめであったような気がしております。

みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。(2テモテ4:2)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »