フォト
無料ブログはココログ

« 訴えてやる!? | トップページ | 戸を取り払う »

2013年6月10日 (月)

イグアスの滝へ

 ブラジルに行く思いを決めてから、是非入ってみたいと思ったのが、イグアスの滝です。映画ミッションの冒頭、十字架につけられた宣教師が真っ逆さまに滝壺に落ちていく、この場所こそがイグアスの滝だったからです。

 5月20日、サンパウロ郊外の飛行場からアズール航空の飛行機で約2時間、フォースドイグアス国際空港に向かいました。町の中心部にあるホテルは朝食にたくさんのチーズとフルーツが出る、素敵なホテルでした。イグアスの滝は、ブラジルとアルゼンチンにまたがり、全長4キロメートル、落差80メートルの間に、大小約300の滝が段をなして連なっているといいいます。果たしてどんな光景が目の前に広がるのか、遠足の前日のような子供の心境でベッドに入りました。

 21日の午前中は公園内に入って、ガイドさんの案内を聞きながらスピードボート乗り場へ。このゴムボートがめちゃくちゃ速い!ナイアガラ滝の霧の乙女号とは全く違う迫力で、滝壺へ。だめになる覚悟で、デジカメ撮影を試みましたが、滝のような(いや、本当の滝!)水を浴びて手を出していられなくなりました。午後は、アルゼンチン側に回り、かわいい列車に乗って移動。川にかかっている展望橋を歩きながら悪魔ののど笛のすぐ近くへ。ここでも激しい水しぶきを浴び、イグアスの恵みをたっぷり味わいました。途中の右側には、映画ミッションの撮影に使われた場所があり、ゆったりとした流れになっていました。よく見るとワニさんが日光浴をしていました。 映画ミッションは、先住民への布教に従事するイエズス会宣教師たちの彼らへの愛と、母国の指示によって生まれた葛藤を描いているイギリス映画です史実を元にしたヒューマンドラマなのでしょうが、元々住んでいる人たちのいる国や地域で宣教することの困難さ、課題を考えさせる映画だと思います。この映画の元となり、ロケ地にも来られたことは、感謝でした。

クリック→スピードボート

クリック→滝壺へ

22日は、健康の回復したお姉さんと真佐子も一緒にイグアスの滝へ。早朝に行ったためお客様はまだ来ておらず、展望台からイグアスの全景を見ることができました。神さまの造られたワンダーランドに心躍らせ、自分のミッションにも思いをはせるツアーとなりました。

クリック→イグアスの滝全景

« 訴えてやる!? | トップページ | 戸を取り払う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イグアスの滝へ:

« 訴えてやる!? | トップページ | 戸を取り払う »