フォト
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

荒海を渡るには

渡海の前に エペソ610-24

この夏、家を出て旅行や山登りに行く方があるでしょう。出かける前には、いろいろな準備が必要ですね。とくに遠く海外に出かけるとなると、しっかりと準備をし、不測の事態に備えて保険をかけるというようなこともあるでしょう。

使徒の働き2728章は、カイザルの法廷に訴えていたパウロのローマへの船旅の物語です。現在とは違い、海を渡ること自体が命がけのことだったと思います。この渡海の備えは、カイザリアでの2年間にわたる牢獄の中でできたのではないかと思います。エペソ人への手紙はローマに行く前に書かれたものであり時間的には前後しますが、パウロのローマへの旅の備えが言葉となって表わされていると考えることができます。

キリスト者は、暗闇から光の中に移されたような者です。

神は、私たちを暗やみの圧制から救い出して、愛する御子のご支配の中に移してくださいました。コロサイ113

この世にいながら、神のものとされているのです。それゆえキリスト者や教会は、その時代の秩序を守るのですが、神様の喜ばれることではないと思う事には、抵抗することがあります。しかしそれは特定の政党に対抗したり、破壊的な行為をすることではありません。パウロが言うように、キリスト者の真の敵は暗闇の世界の支配者でありサタンであり、霊的な戦いがそこにあるからです(10-12)。

それゆえ、この戦いに備えるために、神の武具を取るように勧めています。これは比喩であって、実際に争いを起こしたり、戦争を仕掛けることではありません。1317に描かれている武具は、当時の戦闘で使われていた武器をイメージしたものであり、剣以外は防御のための武器です。

かつてネヘミヤの指導によって城壁の再建工事をしていた民は、武器を携えていましたが、それは敵の妨害から防ぐためのものでした(ネヘミヤ4:16)。パウロの描く武具は、真理の帯、正義の胸当て、平和の福音というサンダル、そして信仰の大盾、救いの兜です。神の言葉が的に切り込むみ言葉であり、かつてイエス様の悪魔の誘惑を受けた時、み言葉を持ってこれに対抗しました。私たちも、これら一つ一つをしっかりと点検する必要があります。

そのうえでパウロは、聖霊によって祈ることを勧めます。自分のためにも、祈ってくださいと言います。戦いのときに必要なのは、お互いのことを気遣う取りなしの祈りです。実際の戦争でも、味方の様子を気遣い、時に応じて援軍を送ることにたとえることができるでしょう。たとい牢獄にあって鎖に繋がれていても、み言葉を語ることによって戦う事が出来るのです。個人的な名前をあげ、教会の祝福をパウロ自身も祈って、この手紙を閉じるのです。

今と違い、昔の船旅は、死を覚悟したものだったでしょう。自ら死の備えこそが、渡海の備えに他なりません。それは、たとい自分の命が散ったとしても、福音によって人々が救われることを願う、パウロの熱い思いから出たことでした。

それは、私がどういうばあいにも恥じることなく、いつものように今も大胆に語って、生きるにしても、死ぬにしても、私の身によって、キリストのすばらしさが現わされることを求める私の切なる願いと望みにかなっているのです。ピリピ1:20

2013.7.28(文月) 408 

2013年7月22日 (月)

うなぎ屋さんの信望愛

今日は、土用丑の日、なんといってもウナギですよね。丘の上では、牧師さんたちをお招きしてキリシタン茶会でしたので、ウナギではなく、市内のお料理屋さんによる会席料理でした。

昨年の12月に、鳥取の友人が来たときにうなぎ屋さんに行ったことをアップいたしました。そのお店の額を、土用にちなんで、アップいたします。ね、聖書の言葉でしょ。この書がここにあるのが、不思議ですね。どう読んでいいかわからないお客さんがおられたので、少し解説してあげました。「いい言葉だ」ということとなり、ほっとしております。

Shinboai

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。

1コリント13:13

2013年7月21日 (日)

苦難の意味するもの

本日の本欄は、去る7月16日の早朝、ケアハウスにあるご自分の部屋で、文字通り眠るように召された一人の姉妹を記念してのものです。享年91歳の、生涯でした。礼拝説教に代えて、おとどけいたします。

北海道旭川に生まれ、結婚して二人の子供たちが生まれ、ひ孫までもあたえられました。春日部に住むようになったころ、ご主人は闘病の末に亡くなるなど、多くの苦しみを経験されました。そんな時、全戸に配布した一つである配布された教会のパンフレットが自宅のポストにあるのを見つけたのです。タイトルは「苦難の意味するもの」、そして著者は三浦綾子とあるのを見て、おどかれました。なぜなら、この方の女学生時代の同級生の一人が三浦綾子さんであり、キリスト者となった彼女から聖書を読む会に誘われながらも、続けていくことはなかったからです。長い年月の末に、友人の名前に触れた姉妹はを教会を訪ね改めて聖書を手にされ、信仰に導かれたのです。主にあるその縁で、三浦ご夫妻の家を教会の有志が訪ね、綾子さんの追悼写真展とご主人である三浦光代氏の講演会を、春日部で開くことにもなりました。

彼女が読んだ、一枚のパンフレットは、苦難の中の光となったのです。

苦難の意味するもの→「kunan_by_am.pdf」をダウンロード

2013年7月19日 (金)

盛況だった講演会~第3日

7月1日は、午前10時から土曜日と同じ集会所で、高橋先生による講演会が持たれました。地元新聞紙に講演会の案内と小さな記事が掲載され、仮設住宅の方よりも、近隣から来られる方のほうが多く集ってくださいました。30名ほどの出席があり、スタッフを入れると40名を超え、満員状態となりました。来られた方々は茶の湯や歴史に関心持っておられるようで、皆さん熱心に講師のお話に耳を傾けておられました。ここでも質疑応答の間に地元のお菓子とお茶をお出しし、少しホッとしていただけたのではないかと思います。つい最近お茶を習い始めたというご婦人は、最後の一冊となった本を買って「今日は来られて本当に良かった」と言って帰って行かれました。

29063

すべての集会が終わり、高橋先生は新幹線で、車組はベースの管理人であるMさんの案内で昼食を食べ、それぞれにお土産を買って帰路につきました。帰りは、海岸沿いを南下しましたが、以前訪れたときに開店したばかりのコンビニが今も変わらず営業しており、少しずつ復興していることを感じました。また、渡れなかった北上川の橋が復旧しており、女川町を経由して石巻に入ることができました。しかし南三陸町の海岸沿い、そして女川はいまだに津波で倒れた建物がそのままになっており、以前建物があったと思われるところには雑草が生えているのです。この辺りは大きな被害を出しただけでなく、今なお懸命に復興の働きが進められていることを目の当たりにいたしました。石巻では、石の森章太郎漫画館が再開していましたが、その向かい側にある石巻ハリストス教会はすっぽりと工事用の幕で覆われており、手つかずの状態でした。ちょっぴり悲しい光景です。

1017 1018

春日部に着いたのは夜11時を回っていましたが、あっというの3日間という感じでした。311の大震災は、地震、津波、大火事、そして原発の事故という、これまで経験したことのない被害を何重にも被ってしまった未曾有のできごとです。私たちが現地で見たこと、そしてその日のことを直接聞いたことは、今なお受け止めることが難しいと自ら感じています。「私たちのことを忘れないでください」と言われた声を受け、これからも祈り続け「皆さんのことを覚えていますよ!」というメッセージを実際に届けていきたいと願っています。そして主にある兄弟姉妹とともに礼拝し、祈ることが私たちのできることだと思います。

3051

2013年7月14日 (日)

平和を願う

神の願い、私の願い 使徒263432

クリスチャンであるなら、家族や友人の救いこそ自分の願いであると心に決めている方は多いと思います。

アグリッパ王の前で弁明を始めたパウロも、同じような願いを持っていたと思います。フェストは彼の弁明に我慢ができず、パウロに向かって「博学がお前を狂わせている!」と叫んでしまいました。それにひるむことなく、パウロはアグリッパ王に対して「あなたは預言者を信じておられますか。もちろん信じておられます。」とたたみこんでくるのです。王は「おまえはわずかな言葉で私をキリスト者にしようとしている」と言うのですが、さらにパウロは突っ込むのです。老郷に繋がれていたために、鎖で縛られた手を差し出しながら「私の願いは、この鎖は別として、私のように(イエスを信じる者)なってくださることです」と答えたのです。

これはパウロ個人の願いでではありません。神様の願いでもあるのです。

神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。

1テモテ2:4

この裁判では、王を始めて列席した人々は、パウロにユダヤ人が訴えているような罪を認めることはできませんでした。そして「カイザルに上訴しなければ、釈放されたであろうに」と、同情的な言葉を呟くのです。すでにローマの法廷に行く手続きがなされていたので、今更それを取り消すことはできないという事です。しかしこのことのゆえに、パウロが願っていたローマで証をする道が開かれていくのです。

私たちも、何か願いを持ちます。それが神様の思いと一つであるとき、それがどのようなものであっても実現いたします。

神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです。ピリピ213

来週は、国政選挙の投票日です。私たちの願いは、この地上に平和が実現することです。その祈り、願いをあきらめることなくささげ続けたいのです。

●アッシジのフランシスの平和の祈り

ああ主よ、わたしをあなたの平和の道具にしてください。

憎しみのあるところに、愛をもたらすことができますように。

争いのあるところにゆるしを、

分裂のあるところに一致を、

疑いのあるところに信仰を、

誤りのあるところに真理を、

絶望のあるところに希望を、

悲しみのあるところに喜びを、

闇のあるところに光をもたらすことができますように。

ああ主よ、わたしに、

慰められるよりも、慰めることを、

理解されるよりも、理解することを、

愛されるよりも、愛することを求めさせてください。

わたしたちは与えるので受け、

ゆるすのでゆるされ、

自分自身を捨てることによって、永遠の命に生きるからです。

                        アーメン

2013.7.14(文月) 407 

2013年7月 8日 (月)

気仙沼、大船渡での礼拝~第2日

630日は、二つの教会で聖日礼拝を守りました。昨年の秋から無牧となり、奥田久良先生が顧問牧師として仙台から通っておられます。午前中は気仙沼聖書バプテスト教会の礼拝で、高橋先生によってヨハネの福音書から説教が語られました。菅原姉のお母様をはじめ、ご近所からも初めてきてくださった方がおられました。礼拝後は、会堂の後方では呈茶、階下では昼食と交わりの時を持ち、和やかなひと時となりました。

午後は、大船渡聖書バプテスト教会に向かいました。大船渡教会は津波によって大きな被害を受けましたが、アメリカからこられた宣教師の方々の奉仕によって、きれいな会堂が再建されていました。家内にオルガンを弾いてほしいとの急な依頼も、いつもヒムプレヤーで奏楽しているので是非に、と言われれば断る理由はありません。3名の教会の方と、応援の牧師先生や信徒の方々と礼拝を守るという事で、まさに開拓伝道の教会の礼拝です。このような方々と共に礼拝することが、まず私たちのできることではないかと思わされました。

3005 3031

礼拝後は、地震や津波の被害を受けられた様子をうかがうことに始まり、この日本での信仰生活を送ること、映画「遺体」から亡くなった方への向かいあい方など、夜の8時まで話し合いの時が続きました。非常に有意義だったそうです。

私たち一関ベース組は夕方に大船渡を辞し、陸前高田市にある「奇跡の一本松」を見学して、ベースに帰ってきました。ここに何千本もの松が植えられ、美しい松原が広がっていたと想像することがむずかしく、折れて1メートルほどになってしまった木々が残る光景に、痛みを覚えました。

3062

2013年7月 7日 (日)

暗闇の中に輝くのは光

光を宣べ伝える 使徒26:19-23

アグリッパ王を前にしたパウロは、ユダヤ人から訴えられていたわけですが、弁明を始めます。しかしそれは弁明というよりは、証しと言えるものです。自分の回心の出来事を、イエス様の物語と重ね合わせ、パウロの新しいマイストーリーを語っているのです。

パウロの回心の出来事は、使徒9章にある通り、ダマスコへ向かう途中、天からの光を受けて目が見えなくなり、復活のイエス様の言葉を聞いたという出来事です。その後ダマスコでアナニヤに会い、彼の祈りによって目が開かれバプテスマを受けたのでした。

イエス様の苦難と復活は、彼の物語と結び付けられ、新しい物語になったのです。霊的な暗闇から救い出されて光の内を歩むものとなり、その光を宣べ伝える者となったのでした。

あなたがたは、以前は暗やみでしたが、今は、主にあって、光となりました。光の子どもらしく歩みなさい。エペソ5:8

神は、私たちを暗やみの圧制から救い出して、愛する御子のご支配の中に移してくださいました。コロサイ1:18

先月の29日から71日まで、東北大震災の被災地である気仙沼に教会の有志とともに行ってまいりました。次第に街が復興し、新しい街づくりが進められていますが、いまなおあの当時の地震と津波、そして火災の爪痕が残っていました。教会員の中に、打ち上げられた大きな漁船がそのままになっている場所のすぐ近くにご自分の家があったというHさんがおられました。Hさんは造園業を営んでいる親方です。避難した高台の上から、自分の家と丹精込めて養生している植木が流され、そのあとの火災で燃えていくのをただ見ているしかありませんでした。真っ暗な闇の中に燃え上がる街並み、それをただ見ているしかなかった多くの人たちの思いは、なんと無念なことだったでしょうか。

しかしそのようなすべてを失うという出来事の中に、主イエス様の物語を重ね合わせておられるのです。人々にあざけられ、着ているものまで脱がされて文字通りすべてを奪われた主の姿を、すべてを失った者であるからこそご自分の救い主として改めて従っておられるのです。その方の勧めで、礼拝や講演会に始めてきてくださった方々がありました。証のわざが、そこにあったのです。

イエス様が復活なさったように、やがてこの街も新しい姿によみがえることでしょう。教会の方々の証しも、実を結ぶことでしょう。イエスキリストこそ私たちを暗闇から解き放ち、光の中を歩む道筋を照らしてくださる方なのです。

イエスはまた彼らに語って言われた。「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。」ヨハネ8:12

2013.7.7(文月) 408 

2013年7月 2日 (火)

気仙沼の男の子はパワーがあるぞ~気仙沼第1日

今回の気仙沼訪問は、私にとっては3回目となります。今回は、気仙沼聖書バプテスト教会の要請を受け、高橋先生の本を手にされたことから知り合り造園業を営んでおられるHさんご夫妻、旧知のSさん夫妻による案内で行ったものでした。Hさんのお宅は、津波によって大きな船が町に乗り上げ、今なおそこにおかれたままになっていますが、そのすぐ近くにありました。しかし津波によって自宅だけでなく、養生していた植木や石の蹲、灯篭などすべてを失いました。そのような中で、イエス様に希望を置き、被災された方々のために日々励んでおられます。

29028 宿泊地は、「3.11いわて教会ネットワーク」の一関ベースです。この地にやってきて、生涯ここですごすことが自分の使命と感じているMさんのお世話になりました。第1日目の29日土曜日は、岩松中学校のグランドに作られた仮設住宅地にある集会所での子供集会です。ここは、2年前最初に案内されたところで、いまもなお校庭がこのように使われていることに、悲しみが増してきました。集会には、子供たちだけでなく高齢の方々も集まってくださいました。歌と腹話術の後に、4番まである「故郷」を共に歌い、いよいよお待ちかねのゲームタイム。春日部市から借り受けたスマートボーリングは大いに盛り上がり、一人のおばあちゃんの提案により、「高齢者VS小学生」という1戦が行われ、なんと1点差で高齢者チームの勝ちとなりました!おばあちゃんの力は、侮れませんね。

29010 29049

その後は、お抹茶と綿あめをいただきながら交流の時を持ちました。子供たちも自分好みの綿あめを作り、ほっと一息ついた様子でした。集まってくれた子供たちは全員が男の子で、やんちゃ盛り。スタッフの手を焼くこともありましたが、これでいいのだ。アニメのキャラクターがプリントされたTシャツは大好評で、こちらもうれしくなりました。

夜は気仙沼のお料理をいただき、遅い就寝となりましたが長い1日を無事に終えました。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »