フォト
無料ブログはココログ

« 苦難の意味するもの | トップページ | 荒海を渡るには »

2013年7月22日 (月)

うなぎ屋さんの信望愛

今日は、土用丑の日、なんといってもウナギですよね。丘の上では、牧師さんたちをお招きしてキリシタン茶会でしたので、ウナギではなく、市内のお料理屋さんによる会席料理でした。

昨年の12月に、鳥取の友人が来たときにうなぎ屋さんに行ったことをアップいたしました。そのお店の額を、土用にちなんで、アップいたします。ね、聖書の言葉でしょ。この書がここにあるのが、不思議ですね。どう読んでいいかわからないお客さんがおられたので、少し解説してあげました。「いい言葉だ」ということとなり、ほっとしております。

Shinboai

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。

1コリント13:13

« 苦難の意味するもの | トップページ | 荒海を渡るには »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うなぎ屋さんの信望愛:

« 苦難の意味するもの | トップページ | 荒海を渡るには »