フォト
無料ブログはココログ

« 誕生日 | トップページ | 死は終わりではない »

2013年9月29日 (日)

ローマにて

妨げられることなく 使徒28:17-31

使徒の働きの最後の言葉は、ギリシャ語では「妨げられずに」という言葉です。気落ちしているパウロに、「勇気を出しなさい。あなたはエルサレムでわたしのことを証したように、ローマでも証をしなければならない。」との主の言葉が実現したのです。囚人で監視付きの生活ではありましたが、ローマでの生活は誰にも妨げられることなく主イエスの福音を宣べ伝える時となりました。これまでのようにユダヤ人に訴えられたり、鞭打たれることはなくなったのです。自費で借りた家に住み、訪れる人たちをもてなし、イエスキリストを宣べ伝えたのです。

ローマに着いたパウロは、ここまでの経過を簡単に話したのでしょう。ユダヤ人からの訴えを受けて拘束されたわけですが、自らの潔白を証するためにカイザルの法廷に上訴したことを話しました。ユダヤ人はパウロのことについてはあまり知らされておらず、彼の語っている教えがこれまでとは違う別の宗派であると思い、パウロ自身の考えを聞きたいと思っていました。そこで彼はユダヤ人として律法や預言者から神の国のことを語ったのです。弁証によって彼らを説得しようとしたのでしょう。

フランシスコザビエルなど、日本に初めて来た宣教師は、仏教の僧侶と宗論を戦わせたといいます。その時の宣教師は3つのことを弁証しました。第1は、キリスト以外に救いはないこと、第2は神は唯一であること、そして第3に霊魂は不滅であること、というものでした。彼らはこの教えを示すとともに、若者たちを育て、日本の文化や生活になじもうとしていったのです。

パウロの語ったことは、すべてのユダヤ人がそのまま受け止めたわけではありませんでした。むしろ彼らは、聞いていはいても悟ることがない者だと預言されていたように、懐疑的であったのです。しかしこのことは、イエスキリストの福音が民族を超えて異邦人にも広まっていくことになるのです。福音は、グローバルなものとなったのです。それこそパウロが目指したものでした。ローマに行くことは、彼の宣教の終着点ではなかったのです。使徒1:8にあるように、全世界に出ていく主の証人となることがパウロの願いであり、そのゴールは天のみ国だったのです。

現在の私たちの国は、自由に、妨げられず信仰生活を送り、伝道することができます。しかしやがて、何かの力によって信仰の告白が脅かされたり、自らの病や老いによって、私たちの証が妨げられる時が来るかもしれません。その時、私たちの望みは、どのようなことがあっても、神様の愛は私たちを守り、その中で生きることができるという事です。

 高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエス  

にある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。ローマ839

2013.9.29(長月) 415、丘の上 

« 誕生日 | トップページ | 死は終わりではない »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローマにて:

« 誕生日 | トップページ | 死は終わりではない »