フォト
無料ブログはココログ

« 福音的な生活とは? | トップページ | 八海山に登る »

2013年10月27日 (日)

イエスに倣う

2013.10.27 丘の上記念会堂 山田豊

 

巡礼は、目指す人を追い求める旅です。12日の土曜日に、江戸殉教キリシタンが引き回されたコースを、23名の方々と一緒に歩いてきました。1623年元和9124日に市中引き回しの上磔にされた50人のキリシタンを偲ぶ、巡礼ともなりました。

 

へブル書11章は、信仰に生き、信仰に死んでいった人たちの物語がまとめられている個所です。私たちが知っている有名な()人物もあれば、あまりなじみのない人もいるでしょう。36節からは、名もない人たちが多くの苦しみを受けたことが記されています。ここに書いてある描写はそのまま日本のキリシタンが受けた迫害、弾圧に当てはまります。聞くだけで痛みを覚える厳しい処罰を受けたのでした。貼り付けられた人たちはそのような苦難の中にあっても、恨みや呪いの言葉を言うことなく、むしろとりなしの祈りをし、互いに励まし合ったと言うのです。イエスキリストの愛を、証ししたのです。

 

また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。

 

1コリント13:3

 

雲のような証人とは、このような殉教者たちです。そして、今の時代に召された人たちです。彼らは、イエスキリストにあって、一つとされているのです。さらに私たちともひとつなって、今生きている私たちを応援してくれているのです。ちょうど、競技をしている者と、その応援をしている観衆が一つになって、ともにゴールをめざしているようにです。走っている者は、たとい倒れても起き上がり、歩いてでもいいですから、ゴールを目指すことです。

 

私たちの信仰の生涯も、これに例えることができます。イエス様をめざして、進むのです。ただし地上のレースと違うのは、賞を受けるのは天国であって、この世での生涯がすべてではないのです。イエス様を信じ、その弟子となる道は、天国にまで続くのです。イエス様に倣う道を、今日も進んでまいりましょう。

 

 こういうわけで、このように多くの証人たちが、雲のように私たちを取り巻いているのですから、私たちも、いっさいの重荷とまつわりつく罪とを捨てて、私たちの前に置かれている競走を忍耐をもって走り続けようではありませんか。信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。へブル121-2

 

« 福音的な生活とは? | トップページ | 八海山に登る »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イエスに倣う:

« 福音的な生活とは? | トップページ | 八海山に登る »