フォト
無料ブログはココログ

« 里の秋 | トップページ | フットプリント~鳥取砂丘にて »

2013年11月24日 (日)

罪の報酬と神の賜物

 

 

   

 

 

                
    
    

2013.11.14(霜月) 423 丘の上

    

春日部福音自由教会 山田豊

    
    

 

 

 

 

                
    
    

罪の報酬と神の賜物 創世記38-21

    

 

    

 

    
    

 

 

 

 

2013.11.24(霜月) 423 丘の上

 

春日部福音自由教会 山田豊

 

天地を造られた神様の最後の御業は、人の創造でした。土地のチリから造られたのです。神様の息吹が吹き込まれて生きるものとなりましたが、神のかたちに造られた存在であることが、他の生き物との大きな違いでした。アダムとエバと名付けられた二人は、エデンの園で神様の創造の秩序の中で暮らしていました。しかし、蛇にそそのかされて、神が取って食べてはならないと言われた木の実を食べてしまい、エデンの園から追放されてしまいます。失楽園のストーリーですね。蛇は悪魔の象徴であり、二人が木の実を食べたというのは、神様の戒めに背いたことを表しています。これを、罪と言います。

 罪を犯している者はみな、不法を行なっているのです。罪とは律法に逆らうことなのです。(1ヨハネ3:4

アダムとエバの犯した罪は、今日の人間である私たちも生まれながらにして持っています。人類は、この二人との連帯性のゆえに、罪を受け継いでいるのです。親から悪いことするように言われなくても悪いことをしてしまう、良いことをしようと思っているのに罪を犯してしまうのは、この二人の物語にその端を発しているのです。

こういうわけで、ちょうどひとりの人によって罪が世界にはいり、罪によって死が入り、こうして死が全人類に広がったのと同様に、――それというのも全人類が罪を犯したからです。ローマ5:12

この後二人は、生みの苦しみや働くことの辛さを味わうようになるのですが、神様は憐みをかけてくださいました。蛇とエバの子孫の間に敵意を置くとは、やがて現れる救いの御子の到来を暗示しています。そしてエデンの園から追放されるとき、神様は動物を殺して、その皮を衣として二人に着せてくれたのです。キリストが十字架に私たちの身代わりとしてかかり、命を落としてくださった贖いの死を暗示している物語です。

太平洋戦争後の1946年に、南原繁は、東大の戦没学徒の慰霊祭で語りました。彼らの死は「国民的罪過に対する贖罪の犠牲に他ならない」と。キリスト者であった南原繁は、イエスキリストの十字架の死という物語を、戦争のために駆り出され命を落とした若き学生たちの物語に重ね合わせたのではないでしょうか。

神様は、今の時代にあってもなお憐れみ深い方です。悔い改めてイエスを信じるものに、その賜物として神様との交わりである命を無償で与えてくださっているのです。

罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。ローマ623

« 里の秋 | トップページ | フットプリント~鳥取砂丘にて »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 罪の報酬と神の賜物:

« 里の秋 | トップページ | フットプリント~鳥取砂丘にて »