フォト
無料ブログはココログ

« 求道の果てに | トップページ | 新年のご挨拶 »

2013年12月29日 (日)

主のために

 

主のために ルカ221-35

 

 

2013.12.29(師走) 424、丘の上

春日部福音自由教会 山田豊

 

私たちの主であるイエスは、ユダヤ人の男子としてお生まれになりました。ルカ2:2124には、この当時の慣習に従って、イエスが両親によって神にささげられたことが記されています。すなわち、8日目に割礼を受けたこと、母マリヤが律法に従って清めの期間を守ったこと、そしてその期間が終わった時に、犠牲の動物(鳩であったと思われる)を携えて神殿に上ったことです。クリスマスの神秘は、神が人となられたことです(ヨハネ1:14)2124に書かれていることは、イエスが文字通り人としてその歩みを始められたことを示しています。

彼らはエルサレムで、シメオンという人と出会います。彼の年齢は不詳ですが、イスラエルの慰められることを待ち望んでおり、キリストを見るまでは死なないというお告げを受けていたので、老人であると思われます。マリヤとヨセフに連れてこられた幼子イエスを見たとき、彼はまさにこの子供こそが待ち望んでいた救い主キリストであることを悟りました。そして神をほめたたえたのでした。

日本人は、日の出を「ご来光」と言います。山頂や新しい年の初めに見る日の出を、特別なものと感じています。このような思いは、ユダヤの人たちも同じであると思います。ガリラヤ湖で、山あいから昇ってくる太陽を見たとき、それは暗闇を破るとても大きな光でした。

イエス様の誕生は、「やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が照った。イザヤ9:2の預言の成就だったのです。そのことを実感しました。

シメオンは、母マリヤに対して、もう一つのことを告げました。それはこのイエスが人々の反対を受けるしるしであり、苦しみを受け、そのことのゆえに母であるマリヤは胸を槍で突き刺されるような経験をするということです。イエス様が十字架にかけられるという、受難の預言でした。そしてそれは文字通り実現しました。映画ナザレのイエスでは、十字架から降ろされたイエスを抱いて、嘆き悲しむマリヤが良く描かれていました。この構図は、ピエタと呼ばれるようになり、聖画や彫刻などで表現されています。イエスの受けられたこの苦しみは、私たちの罪をその身におって神の罰を受け、私たちを救ってくださるためのものでした。

もうじき2013年も暮れようとしています。この一年は、あなたにとってどのような歩みだったでしょうか。喜びとともに、マリヤのような悲しみを経験された方もあるでしょう。しかしすべては、主のための歩みだったはずです。そこにも、私たちの思いをはるかに越えた大きな神様の愛があるからです。

神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。1ヨハネ1:9

« 求道の果てに | トップページ | 新年のご挨拶 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主のために:

« 求道の果てに | トップページ | 新年のご挨拶 »