フォト
無料ブログはココログ

« 生涯を貫くもの 創世記15:1-6 | トップページ | 和解の福音 創世記32:1-7 »

2014年1月26日 (日)

祝福は神から 創世記27:18-29 2014.1.26 NO.428

キリスト教会では、祝福という言葉が良く使われます。広辞苑には、『(他人の)幸福を祝い、また祈ること。「結婚を―する」キリスト教で、神から賜る幸福や恵み。』とありました。この祝福という言葉は、特別な意味があるように感じる解説です。

子孫が繁栄し、多くの富が与えられることは神様からの祝福であると考えられてきました。しかしその祝福は、人の自分勝手な思いではなく、神からのものであることを示したのが、本日の物語です。

アブラハムとサラの間にようやく生まれたイサクは、母の亡き後リベカという女性と結婚します。彼女も不妊の女性でしたが、20年目にして双子を出産します。兄はエサウと言い、赤く毛深い子であり、狩猟を得意とする男子として育ちます。弟はその兄の踵をつかんで生まれてきたのでヤコブと命名され、羊を飼う静かな人となります。父はエサウを好んでいたので、彼の死が近づいてきたとき、長男であるエサウを祝福しようとします。そのことを知ったリベカは、自分の愛していたヤコブが祝福を得られるよう計略をめぐらします。自らイサクの好きな料理を作り、ヤコブを長男エサウになりませて祝福を受けました。出し抜かれたことを知ったエサウは祝福を受けることができず、ヤコブを殺そうと決意するのですが、そのことを知った母リベカによってヤコブは逃亡します。この出来事は、家庭内における人間の欲望の渦巻く生々しいでものであり、今でも起こっているようなことです。ところが、新約聖書を見ると、ヤコブの行ったこの行為は、信仰によることとして評価されているのです。

信仰によって、イサクは未来のことについて、ヤコブとエサウを祝福しました。へブル11:20

いったいどうしたことかと、いぶかるような記述です。実は、リベカが二人を身ごもった時、この二人は母の胎にある時からぶつかっていたのです。リベカはそのことで心配したのですが、神は

「二つの国があなたの胎内にあり、二つの国民があなたから分かれ出る。一つの国民は他の国民より強く、兄が弟に仕える。」創世記25:23

と言われ、祝福はヤコブが受けることになると示されていたのです。

しかし長男を好んだヤコブは、自分の思いでエサウを祝福しようとしたのです。確かにヤコブは兄を出し抜き、母の計略によって祝福を受けましたが、結果として神様の御心がここに成就したのです。祝福は人の考えから分け与えられるのではなく、神様ご自身がその源なのです。エサウもかつて自分勝手な欲望から長男の権利を軽蔑していました。彼ら二人とも不真実であり、そのことのゆえにそれぞれ苦しみを味わいます。長男の祝福を得たヤコブは、この後ヤボクの渡しでたった一人になり、神に打たれるという経験をすることになります。そこではじめて彼は、祝福を受けるにふさわしいものへと変えられていくのです。

大切なのは、自分がどのような境遇に置かれていても、祝福は神様から賜るものであることを信じ、求め続けていくことです。そこに神様の真実があるのです。

私たちは真実でなくても、彼は常に真実である。彼にはご自身を否むことができないからである。」2テモテ2:13

« 生涯を貫くもの 創世記15:1-6 | トップページ | 和解の福音 創世記32:1-7 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝福は神から 創世記27:18-29 2014.1.26 NO.428:

« 生涯を貫くもの 創世記15:1-6 | トップページ | 和解の福音 創世記32:1-7 »