フォト
無料ブログはココログ

« 苦難の道行き | トップページ | 開花宣言 »

2014年3月28日 (金)

赦しの福音 マタイ18:21-35

イエス様が宣べ伝え、現在もキリスト教会が宣べ伝えているのは、和解の福音です。それはまた、赦しの福音ともいえるものでしょう。初めの教会は、ペテロの説教を聞いた人たちが心を打たれ、罪の赦しのために悔い改めてバプテスマを受けたところから始まったのです。

私は日曜日の夜は、次の聖日の説教箇所を読んで備えとしています。先週は、そのあと寝床で開いた本にその箇所(本日の聖書箇所)にかかわる物語が描かれていました。神様のお導きですね。『心を癒す言葉の花束』(集英社新書)という本で、アルフォンス・デーケン神父の新しい著書です。

デーケン神父は、日本で初めて、死生学の講義を始めた方です。ユダヤ人を迫害するナチス政権下の第2次世界大戦を経験され、これに反抗する勇気と姿勢を貫く家庭で育ちました。この本の中で、人を赦すということにかかわる、ご自身の辛い経験を語っておられるます。戦争が終わり、進駐してきた連合軍を歓迎するために、シーツで作った白旗をもって表に出た祖父が、あろうことか連合軍の兵士に撃たれてしまったのです。目の前で祖父を殺されたデーケン少年は、激しい怒りと絶望にかられます。「汝の敵を愛せよ」というイエス様の言葉を心から実行しなくては、真のキリスト者と言えない。そんな思いが駆け巡る中で、連合軍の兵士が家に入ってきたとき、必死に手を差出し「ウエルカム」と言ったのです。デーケン少年は、兵士が引き上げたとき、声をあげて泣いたのでした。

これはものすごいストーリーです。デーケン神父は、意志のレベルから赦そうとする努力は必要である、と説かれます。感情を大切にすることは有益ですし、私たちの生活を豊かにすることは事実です。それでも、私たちは神様から力をいただき、イエス様に赦されたものとして、感情に逆らってもあえて「赦します!」という自らの意志による宣言が求められる時があるのです。

私たちが人を赦せば、鉛のような重い苦しみから解放され、今まで許すことのできなかった人と、新しい人間関係が出来上がるのです。そして、イエス様の赦しの福音を、この世に表すことができる喜びを、味わうことができるでしょう。

お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなたがたを赦してくださったように、互いに赦し合いなさい。エペソ4:32

 

« 苦難の道行き | トップページ | 開花宣言 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赦しの福音 マタイ18:21-35:

« 苦難の道行き | トップページ | 開花宣言 »