フォト
無料ブログはココログ

« シティーサイクル | トップページ | 途上 ルカ24:13-35 »

2014年4月27日 (日)

神の備えたもの 1コリント2:6-9

本日は、復活祭の翌週最初の日曜日です。

よみがられた主は、マグダラのマリヤに最初にご自分を現され、弟子たちにも新しい姿でご自分を現されました。その時にいなかったトマスは、自分はイエス様の傷の跡をしっかりと見て触らなければ信じない、と言っていました。しかし一週間後に、トマスのいるところでイエス様は再び現れ、トマスにご自分の傷跡を示されました。彼はその傷に触れるまでもなく、「私の主、私の神」と告白し、信仰を回復することができたのです。見ずに信じる者の幸いを、教えてくれています。

復活は、私たちにご自分が用意したものが整ったことを伝えるために主が現れてくださったことでもあります。弟子たちとともに行った過ぎ越しの食事の時、主は言われました。

「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。わたしの父の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなたがたに言っておいたでしょう。あなたがたのために、わたしは場所を備えに行くのです。わたしが行って、あなたがたに場所を備えたら、また来て、あなたがたをわたしのもとに迎えます。わたしのいる所に、あなたがたをもおらせるためです。」(ヨハネ141-3

イエス様が備えてくださったところは、私たちが地上の生涯を終えて行くことができる、天国です。それは、本日のみ言葉のように、人間の思いもつかないようなところです。

「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである。」(1コリント2:9) 

死生学を初めて日本で教えたデーケン先生は、ご自分の葬儀ミサの時、このみ言葉を記したカードを参列者に配りたいと考えているそうです。ドイツから日本に来られ、日本時のために労され、この国の土になろうとされているデーケン先生の思いが良く描かれている、聖書の言葉だと思います。

神様の用意してくださったものは、最善のものです。そこに至るまで、私たちも自分の最善の働きをして、かの日の備えをしていきたいものです。

« シティーサイクル | トップページ | 途上 ルカ24:13-35 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神の備えたもの 1コリント2:6-9:

« シティーサイクル | トップページ | 途上 ルカ24:13-35 »