フォト
無料ブログはココログ

« 戦艦大和ノ最期 | トップページ | チャリティー茶会のお知らせ »

2014年8月31日 (日)

砕かれてこそ生きる 士師記7:15-23

ヨシュアに続く時代は、士師の時代と言われています。士師とはイスラエルの民を教えて導くリーダーのことで、ヘブル語の意味は「審判者」です。この時代の特徴は、士師21:25にあるように「そのころ、イスラエルには王がなく、めいめいが自分の目に正しいと見えることを行っていた。」ことでした。いわば、それぞれが自分勝手に良いと思うことをしていた、とも取れるみ言葉です。

そのような時代に、ミディアン人の圧迫を受けていたイスラエルの民を救ったのが、ギデオンという人物でした。ミディアン人は大軍を持っていましたが、彼はわずか300名の兵士でこれを打ち破った人物、いわば、旧約聖書の勇士の一人として描かれています。これは信仰の戦いであり、聖書を無料で配布する世界的な団体であるギデオン聖書協会の名は、ここから取られています。

彼がミディアン人との戦いに勝利できたのには、3つの秘訣があったと思います。第1に、ギデオンは、異教の神々を礼拝することなく、主なる神に仕え、この神様への礼拝を欠かしませんでした(士師6:24)。私たちもまず、神様を礼拝することを第1とした生活を送る必要があります。そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。(ローマ12:1)

次には、イスラエルの兵士は3万人いたのですが、実際に戦いに参加したのは300人でした。勝利のために必要なのは大軍ではなく、ギデオンと心を一つにできる兵士でした。少人数でも、霊的な備えをしている人を神様は用いられます。

3つ目は、彼らのとった戦術です。300人が3隊に分かれて、それぞれが右手に剣を持ち、左手に松明をもって、「主のつるぎ、ギデオンの剣だ“!」と大声で鬨の声を上げたことです。この時、松明は壺に入れて隠してあったのですが、それを一斉に割ることによって光を放ち、ミディアン人からは多くの軍勢が闇夜に乗じて襲ってくるように錯覚してしまったのでしょう。同士討ちをはじめ、軍勢は混乱し、逃げ出したのです。そこを他の兵士たちが襲い、彼らをヨルダン川の向こう側まで追撃していったのです。

松明を入れてあった壺を打ち割ったことは、私たちの殻が砕かれたときに、何が出てくるかを示す象徴的な出来事です。自分の殻が破られるとき、本当の自分の姿が出てくるでしょう。それはみじめな、けがれた自分でしょうか?確かにそうでありましょう。しかしイエス様を信じる者は、自分という土の器の中に、実は素晴らしい宝物を入れているのです。その方は、真の光です。自分という殻が打ち破られるとき、初めてこの光は輝き出し、信仰の戦いに勝利する道が開かれていくのです。

「光が、やみの中から輝き出よ」と言われた神は、私たちの心を照らし、キリストの御顔にある神の栄光を知る知識を輝かせてくださったのです。私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものでないことが明らかにされるためです。2コリント4:6,7

 

« 戦艦大和ノ最期 | トップページ | チャリティー茶会のお知らせ »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砕かれてこそ生きる 士師記7:15-23:

« 戦艦大和ノ最期 | トップページ | チャリティー茶会のお知らせ »