フォト
無料ブログはココログ

« 落穂ひろい | トップページ | 神の声を聴く  詩篇19:1-4 説教要約号外 »

2014年9月28日 (日)

仕える人生 創世記47:1-12

 江戸時代には、父母や妻子など家族が重い病に倒れたときは、看病や介護のために休暇を申請できる制度がもうけられていました。「看病断(かんびょうことわり)」と呼ばれるもので、一定期間出勤を免除され、病人の看病に専念することができたのです。
 出エ20:12には、
「あなたの父と母を敬え。あなたの神、が与えようとしておられる地で、あなたの齢が長くなるためである。」とあり、エペソ6:2には、「これは第一の戒めであり、約束を伴ったものです。すなわち、『そうしたら、あなたはしあわせになり、地上で長生きする』という約束です。」ともあります。日本にも、聖書と同じ趣旨のことばがあったのですね。
 聖書の中で、この戒めを実行した人の一人は、ヨセフではないでしょうか。エジプトにいたヨセフは、全土を襲った飢饉で父や兄弟たちが苦しんでいるのを知って家族をエジプトに呼び寄せ、ラメセスの地に住まわせました。父ヤコブが病になると、子供を連れて父のもとを訪れ、最期の息を引き取るまで看取りの介護をしました。父が亡くなると、遺言通りにカナンの地に戻って立派な葬儀を行い、先祖の墓に葬ったのです。
 彼はこのように親や兄弟に尽くしたのですが、彼がエジプトにいたのにはわけがありました。ヨセフは、父ヤコブの年老いてからの子で、ヤコブが愛したラケルの最初の子であり、他の異母兄たちよりもヤコブに愛され、立派な服を着せられたりしていました。高慢な振る舞いもあり、結果としてヨセフは兄たちから憎まれ、エジプトに売られてしまいました。エジプトで彼はパロに仕える者となったのですが、兄たちと再会したとき、数奇な出来事を通して彼は砕かれ、父や兄に本当に仕える者に変えられていたのでした。
 ヨセフもまた、イエス様のひな形として描かれている信仰の人物です。彼は父ヤコブの祝福のように、実を結ぶ若枝としての生涯を送ったのでした。
 私たちも仕える者として、まず自分の家族の中でその振る舞いをし
(1テモテ5:8 もしも親族、ことに自分の家族を顧みない人がいるなら、その人は信仰を捨てているのであって、不信者よりも悪いのです。)信仰の家族(ガラ 6:10 ですから、私たちは、機会のあるたびに、すべての人に対して、特に信仰の家族の人たちに善を行いましょう。)、そして周りの人たちにも本当に仕える者として、実を結ぶ日々を送りたいものです。

ロマ 14:18
このようにキリストに仕える人は、神に喜ばれ、また人々にも認められるのです。


 

« 落穂ひろい | トップページ | 神の声を聴く  詩篇19:1-4 説教要約号外 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕える人生 創世記47:1-12:

« 落穂ひろい | トップページ | 神の声を聴く  詩篇19:1-4 説教要約号外 »