フォト
無料ブログはココログ

« 春日部市民文化講座 第3回 | トップページ | 神のことばに聴く  2014.11.2 »

2014年10月26日 (日)

小さな交わりから  使徒2:46-47

使徒2:4647

そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。

今年度は、小グループの聖書と祈りを中心とした交わりが行われています。言われるまでもなく、すでにこのような時を持ってこられた方もおられます。前掲のみ言葉は、エルサレムに生まれた教会の様子を知るみ言葉ともなっています。3000人もの人たちがバプテスマを受けましたが、その交わりは今のことばでいえば、小グループだったと思われます。小さな交わりを通してみ言葉を学び、福音宣教や互いに助け合う奉仕が始まり、やがてより大きな交わりとなっていきました。当時の地域にキリスト者の交わりが広がっていったのです。

来月には、丘の上チャリティー茶会が第17回目を迎えます。教会の兄弟姉妹の祈りと協力によってここまで続いたことはもちろんですが、この茶会の大きな協力者であるKさんとの出会いは、「丘の上教会で虫聴きの会を開きたい」と言われたことからなのです。ずいぶん昔のことです。今月18日に丘の上で行われた、浦和高校春日部支部主催のチャペルコンサートもその流れの中でのことでした。来会者の中にも、以前出会った方、これからお付き合いできそうな方もおられました。次回市民講座のゲストは、ボーイスカウト活動で土器作りを指導してくれた方です。また、過日N姉のお父様が召されましたが、ELCの初期(当時はELIと言っていた)に教会に来られたことがきっかけで、N姉は信仰に導かれたのです。その時教師であったのがラン兄で、めぐ幼で春日部音頭を教えてくださったのも、その時の生徒さんです。

小グループの交わりだけでなく、私たちのいる地域、職場、学校などで、いろいろな出会いがあるでしょう。それは小さなものかもしれません。これを大切に持ち続ける時、神様が育ててくださり、やがて豊かな実をむすばせてくださることでしょう。

« 春日部市民文化講座 第3回 | トップページ | 神のことばに聴く  2014.11.2 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな交わりから  使徒2:46-47:

« 春日部市民文化講座 第3回 | トップページ | 神のことばに聴く  2014.11.2 »