フォト
無料ブログはココログ

« まことの王を迎える 1サムエル8:1-9 2014.11.23 | トップページ | 福音のはじめ  マルコ1:1-15  2014.12.7 »

2014年11月30日 (日)

待つことの祝福  2014.11.30 マルコ3:31-37

今年も、主イエスキリストのご降誕をお祝いする季節となりました。

本日は、待降節第1週目の聖日です。教会歴に従って多くの教会で開かれる聖書箇所の一つが、マルコ13章、イエス様の再臨に関するご自身のみ言葉です。マルコの福音書が書かれた年代については諸説ありますが、もし西暦70年頃としたら、イスラエルの民は国家の滅亡と神殿の崩壊を経験した時となります。ここに書かれていることは、読者にとって非常にリアルなことであったはずです。3年前の大きな震災と原発事故を経験した私たちにとっても、無関心でいられる箇所ではありません。

さて、待降節は主イエスキリストの誕生を待ち望む期間です。すでにイエス様の誕生を知っている私たちが、待降節を過ごす、救い主の誕生を待つということは、どのような意味があるのでしょうか。
 まず第一は、イエス誕生前の人たちの救い主の出現を待ち望んでいた気持ち、思いと一つになるということです。イエス様の生涯をたどる心の巡礼において、はじめの一歩を同じように踏み出す感じです。第二は、本日のみ言葉にあるように、主イエス様が再びおいでになることを待ち望む者として整えられることです。終末の時代、私たちが見て暮らしているこの世界のあらゆるものは、崩壊するでしょう。しかしそのようなことが起こる日が来るからと言って、失望したり、慌てたりする必要はありません。旅に出たご主人がいつ帰ってきても良いように備えるように、日々の生活を淡々と送っていればよいのです。ポイントは、主イエスに対する心の目を開いていることです。そしてもう一つは、天国を待ち望む日々を送ることです。誰でも、地上の生涯を終える日がやってきます。死について考えたり、死後の世界を思いめぐらすことがあるでしょう。その時あなたは不安になりますか?わからないのだから、途中でそんなことを考えるのはやめだ、と言って投げ出してしまいますか?あるいは、天国に行くことのみが今の望みで、早くお迎えが来ることを夢見て、現実の生活がなおざりになっていますか?天国は、地上の生活と実はつながっているのです。

今望みのある生活を送っていなければ、天国はつまらないところになるかもしれません。待つことの祝福は、救いの御子の誕生を待ち望みつつ、天国を望む生活の中にあるのです。

 

 祝福された望み、すなわち、大いなる神であり私たちの救い主である
  キリスト・ イエスの栄光ある現れを待ち望むようにと教えさとした
  からです。   テトス
2:13


« まことの王を迎える 1サムエル8:1-9 2014.11.23 | トップページ | 福音のはじめ  マルコ1:1-15  2014.12.7 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 待つことの祝福  2014.11.30 マルコ3:31-37:

« まことの王を迎える 1サムエル8:1-9 2014.11.23 | トップページ | 福音のはじめ  マルコ1:1-15  2014.12.7 »