フォト
無料ブログはココログ

« 第4回市民講座  | トップページ | イエスの道を進む 2015.1.1 マタイ5:43-48 »

2014年12月28日 (日)

主にささげる生涯 ルカ2:22-40  2014.12.28

マリヤが男子を産んでから8日目に、この幼子は割礼を施され、イエスという名前で呼ばれるようになりました。そして律法による清めの期間が満ちた時、イエスは両親よってエルサレムに連れていかれ、主なる神様に捧げられました。神が人となってくださった、その人としての生涯の始まりです。イエスは、ユダヤ人男子として社会の中で成長していかれました。
 人としてのイエス様は、両親によって主にささげられました。イエス様は神様でもあるのですが、肉の両親によって主なる神様に捧げられた、ということは大きなポイントだと思います。ささげられることがなければ、実は神様に用いられることはなかったのです。
 サムエル記に、ハンナがようやく与えられた男子を、主にささげるためにエリのもとを訪れるという物語があります。サムエルです。彼は最後の士師として、大切な働きをする人物となっていきます。イエス様は、自らささげられたものとしての生涯を送りました。
「ほかの大祭司たちとは違い、キリストには、まず自分の罪のために、その次に、民の罪のために毎日いけにえをささげる必要はありません。というのは、キリストは自分自身をささげ、ただ一度でこのことを成し遂げられたからです(へブル7:27)。」
 しかしこのようなことは、なかなかできないことです。ペテロは、自分の命を捨ててでもイエス様に従うとその決意のほどを告白しました。しかし彼は、三度もイエス様を否み、イエス様に従い続けることはできませんでした。しかし後に悔い改め、主のために生涯をささげることになったのは、皆様もご存知の通りです。なぜ主に自分の生涯をささげることができないのか。それは、イエス様よりも自分が一番になってしまうからです。
「だれもみな自分自身のことを求めるだけで、キリスト・イエスのことを求めてはいません(ピリピ2:21)。」
 この一年、あなたは何のために生きてきましたか。一度きりの生涯を、誰のために捧げますか?自分のためではなく、私たちを愛してくださり、そして新しい年も導てくださる主にささげる生涯を、送りたいものです。

 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。ローマ12:1


 

« 第4回市民講座  | トップページ | イエスの道を進む 2015.1.1 マタイ5:43-48 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主にささげる生涯 ルカ2:22-40  2014.12.28:

« 第4回市民講座  | トップページ | イエスの道を進む 2015.1.1 マタイ5:43-48 »