フォト
無料ブログはココログ

« 虹と夕焼け | トップページ | キリストにあって一つ 1コリント1:10-17  2015.5.3 »

2015年4月26日 (日)

聖徒とされた人たち  1コリント15:1-9 2015.4.26

先週の20日は、日本文化宣教協力会セミナーin京都の一環として、望洋庵を訪ねました。カトリック教会の、青年育成のための施設で、聖書の黙想を体験的に学ぶことができました。
 カトリック教会では、生存中にキリストの模範に忠実に従い、神の人々のために、またその信仰を守るためにその命をささげた殉教者を、聖人としています。誤解を解くために言いますと、聖人は父なる神様に取りつぎをお願いする崇敬する人のことであり、カトリック信者の方は彼らを数害しているわけではありません。また、聖人たるにふさわしいかどうかを長年にわたって調査審議し、尊者→福者→聖人というプロセスを取っていきます。日本で聖人とされた人たちは、全て殉教者であるという点が、他の国の聖人と異なっていることでしょう(参考:カトリック中央協議会HP)
 聖書には、イエス様を信じる人たちは皆、聖徒と書かれています。これは、神様の真実に基づく、神様からの召しによることです。聖人は後世の人が定めたことですが、聖徒は神様から出た者であるということができます。罪の中に死んでいたものを、イエスキリストの十かと復活のゆえに贖い、信じる者を聖徒としてくださったのです。これは人の功績によることではなく、一方的な神様からの働きによるのです。まさに、神様の恵みによることにほかなりません。パウロ自身がかつてはイエスや教会の迫害者であったにもかかわらず、このような身になったことを恵みとしてとらえていたのです。
 聖徒とは、イエスキリストとの交わりに入れられた人のことです。「コイノニア」と言う言葉が使われおり、他の人とのコイノニアに広がり、それは教会の交わりを指す言葉となっています。また、その教会の置かれた地域や国で、イエスキリストを証しすることが、教会の使命です。その意味では、教会の交わりそのものも、聖なるもといえるでしょう。
 新しい週を、私たちもキリストにあって聖なるものとされたことを新しく心に刻み、歩んでいきたいものです。

あなたがたを召してくださった聖なる方にならって、あなたがた自身も、あらゆる行いにおいて聖なるものとされなさい。それは、「わたしが聖であるから、あなたがたも、聖でなければならない」と書いてあるからです。1ペテロ215,16


« 虹と夕焼け | トップページ | キリストにあって一つ 1コリント1:10-17  2015.5.3 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖徒とされた人たち  1コリント15:1-9 2015.4.26:

« 虹と夕焼け | トップページ | キリストにあって一つ 1コリント1:10-17  2015.5.3 »