フォト
無料ブログはココログ

« キリストとこの街にある教会 使徒2:37-47 2015.5.24 | トップページ | コチドリ »

2015年5月31日 (日)

神のみこころを悟る 1コリント2:6-16 2015.5.31

   キリスト者は、2重国籍者です。神様によって生まれた神の国に属する者であるとともに、肉の誕生によっておかれた国の人間でもあるのです。どちらを優先するか、これが面白いところですね。神の御子の愛の中、つまり神の国の国民でありながら、・・国人であるということです。 
 神は、私たちを暗やみの圧制から救い出して、愛する御子のご支配の中に
 移してくださいました。(コロサイ1:13) 
 そのような中で、神様の願い、御心を知るということは自分がこれからどのように生きていくのか、神様の喜ばれる生涯を送るために必要なことです。コリント人への手紙では、「神の御心のことは、神の聖霊のほかには誰も知りません」と書かれています。
 地中海世界を旅してコリントまでやってきたパウロは、人間の知恵のことばに基づく伝道ではなく、人々には愚かと見えるようなイエスキリストの十字架を愚直に宣べ伝えることが伝道であり、人の知恵のことばではなく、十字架のことばこそが人を救い生かすものであるとの確信を持っていました。人間の知恵がたといどのように優れていても、神のみこころを十分に知ることはできないのです。静まって聖書を読み、そこから深く心に刻まれることを黙想し、聖書にしるされているイエス様や他の人物と心の中で対話する、そうすることで神様の心を知ることができるようになるのです。その時聖書を読んでいる人は、キリストの心を持っているといえるでしょう。神様のみこころを悟るために、神様に願い求めていけばよいのです。

 あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげ なく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。ヤコブ1:5

 

 

« キリストとこの街にある教会 使徒2:37-47 2015.5.24 | トップページ | コチドリ »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神のみこころを悟る 1コリント2:6-16 2015.5.31:

« キリストとこの街にある教会 使徒2:37-47 2015.5.24 | トップページ | コチドリ »