フォト
無料ブログはココログ

« 神の奥義の管理人 1コリント4:1-5 2015.6.21 | トップページ | 今年も気仙沼へ »

2015年6月28日 (日)

イエス様を信じる 信仰のはじめの一歩 1015.6.28

私がイエス様を信じたのは、当時出席していた高田聖書教会の塚田先生からの信仰の促しに応答したときでした。高校3年生で、年が明けた1月最初の聖日のことです。礼拝の後、横に座られた(床は畳の、日本家屋が教会となっていた)塚田先生とのやり取りは、実に単純でした。

「山田君、聖書を読んでいる?」→ちょうど1週間かけて新約聖書を全部読んだ次の日だったので「はい」と答えました。

「お祈りしている?」→受験生でしたので、志望大学に入れるようお祈りしていたので「はい」と答えました。

「イエス様を信じる?」→ちょうどこの日は、聖餐式でした。自分は聖餐をもちろん受けなかったのですが、イエス様に自分の人生を掛けていきたい、となぜか思わされていたので「はい」と答えました。

「ではお祈りしましょう」という声に促されて、イエス様を信じる祈りを導いていただいたのです。

その後、聖書の学びを少ししたところで、見事祈りが聞かれて()志望校に合格でき、この春日部教会を紹介されて、現在に至っているわけです。

私の場合は、信仰箇条を学んで教理を理解してから信じたのではなく、あるいは、キリスト教の講座を受けてしっかり勉強してから、イエス様を信じたのではありませんでした。また「はい、信じます」と言った時も、どの程度イエス様についてわかっていたのか、まことに心もとないものがあります。しかし、神様の促しによって信じることが私の信仰生活のはじめの一歩となりました。春日部に導かれてから、礼拝後に持たれていた学生会の集まりで、聖書の教理を学びました。そして20歳になった時、もう一度私の罪のために主イエスが十字架にかかり死なれてよみがえり、天に昇られたことを改めて深く心に刻まされ、信仰がリニューアルされたました。

イエス様をただ信じる、そこから私の歩みが始まったのです。

「人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです」(ローマ10:10)

« 神の奥義の管理人 1コリント4:1-5 2015.6.21 | トップページ | 今年も気仙沼へ »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イエス様を信じる 信仰のはじめの一歩 1015.6.28:

« 神の奥義の管理人 1コリント4:1-5 2015.6.21 | トップページ | 今年も気仙沼へ »