フォト
無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月25日 (土)

きよいパン種 1コリント4:6-13  2015.7.26

2カ月ほど前、秋田から来られた姉妹は、天然酵母でパンを焼き、ネットで販売しているというお話を伺いました。また聖餐式で使うパンは、特別に焼き上げるということも伺い、神様の前に最高のものをささげようという彼女の姿勢に共感しました。
 コリントの教会にあった大きな問題の一つが、不品行でした(5:1)。ポルノの語源になったポルネイヤという言葉が使われています。この町の不道徳が教会にも入り込んでおり、パウロによれば異邦人の中にもないほどひどいものだったいうことです。そのようなことを平気でしている人たちを教会は取り除くこともせず、かえって誇り高ぶっていることを憂え、そして非難しています。
 この文脈で用いられている比喩が、パン種です。この時代は、パンの一部の生地を種として残し、それを次の仕込みに使うという製法でした。今日では、パン種(イースト)にもいろいろな種類があり、それぞれの種の味を生かしたパンが作られているということです。聖書の中でパン種は、良い意味でも、悪い意味でも比喩として使われています。良い意味では、神の国のように命あるものは成長すると語っています(マタイ13:33)。悪い意味では、パリサイ人にように不正や偽善のパン種に気をつけるようにと言われています(マタイ16:6)
 コリントの教会の人たちには、不品行や高慢という悪いパン種を除くことを命じています。今日では、教会の戒規と言います。その昔、イスラエルの民はエジプトを脱出する時、パン種を入れないでパンを焼き、それを食料として持っていきました。パン種を入れて発酵させる時間がなかったからです。その時以来、過ぎ越しの食事では、パン種を入れないパンが焼かれ、今日の聖餐式でもそのようなパンを使っている教会もあることでしょう。「古いパン種を除け」とは、純粋なパン、来よい交わりの教会を表す表現です。
 このようなパン種が除かれた後、何を入れればいいのでしょうか。何を拠り所として自らをきよめ、純粋な交わりを持てばいいのでしょうか。7節にヒントがあります。

「あなたがたはパン種のないものだからです。私たちの過ぎ越しの小羊キリストが、すでにほふられたからです。」

イエスキリストが十字架で死んでくださり、私たちのためにきよいパン種となってくださったのです。神様の前に、私たち一人一人が、また教会が神様の前に正しい歩みをするために、きよいパン種であるイエス様によって成長させていただきましょう。


 

2015年7月12日 (日)

神の国の力とは 1コリント4:14-21 2015.7.12

あなたの元気の源、力の泉は何ですか?
 今年も気仙沼教会の支援奉仕に行ってきました。最初の昼食に紹介されたのは、食堂やまとさんの、ふかひれラーメンでした。港のすぐ近くにあるお店で、津波による甚大な被害を受けました。しかしご夫妻の懸命な努力が実って同じ場所でお店を再開し、頑張っておられるのです。そのお話しとラーメンから、私たちの方が力をいただいたのです。とてもおいしかったので、スープまでいただき、完食でした。
 20節に「神の国はことばにはなく、力にあるのです」とあります。神様の権威を認める人たちは、その生活の中で言葉だけ飾ってもそれはむなしい、と言っているのです。パウロは、私を見習うように言っています。自分たちこそ優れた者だと思いあがっている人たちへの、強烈なパンチとなるような言葉です。しかしパウロは、この言葉を自らが高慢になって言っているのではありません。真に倣うべき方は、言葉である方が人となったキリストです。キリストに倣うように、と言っているのです。
 イエズス会の宣教師が回心した日本人の信仰生活の指導の手本としたのが、「キリストにならいて」という本です。修道士であったトマスアケンピスが、修道士の精神生活の完成のために書いた本と言われています。京都で出版され「こんてむつすむん地」というタイトルで、平易で格調の高い日本語に訳されたものでした。当時の信徒たちは、これを暗記したそうです。ここには、例えばこのようなことが書かれています。
「…なぜあなたは思い乱れているのか、望み通りにことが運ばなかったといって。自分の思い通りに万事がなるというのは、だれのことなのだ。私でもなければ、あなたでもない。…たしかにそれは神のためにことを忍び得る人に違いない。」
「なぜあなたの決心を明日に延ばそうと思うか。立ち上がりない、そしてすぐ取り掛かって言いなさい。「今がやる時機だ、今こそ改めるにもっともよい時機だ」と。…」
 450年も前に、悔い改めるなら今でしょ!と言う人がいたのですね。デボーションの手引きとなるような本です。
 今の時代は、様々な分野で混迷を深め、どこに向かっているのかわからいような時ではないでしょうか。目先の利益やメンツにこだわって、生涯続く価値あるものを見失っているように感じます。私たちの力の源である主イエス様から目をそらさない日々を、今週も送っていきましょう。

へブル12:2

信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。

2015年7月10日 (金)

今年も気仙沼へ

教会の兄弟姉妹の祈りとサポートにより、今年も気仙沼教会での奉仕を行うことができました。

私たち夫婦を入れた5人で、荷物を満載したノア号にて73日の夜に春日部を出発。4日午前3時ごろ、一関ベースに到着。今回は、ベースの管理人であるM姉と一緒でしたので、現地の様子を伺いながらの気仙沼入りとなりました。朝になって仲間が到着し、午後の子供集会に出発。「食堂やまと」にてふかひれラーメンを食べながら、津波で甚大な被害を受けたのちにお店を再開し、頑張っておられるご夫妻のお話を伺うことができました。子供集会の会場は、市内の公園と中学校に隣接している仮設住宅内にある集会所です。綿あめの機会を下ろして回していると、高橋先生が管原兄の車で到着。子供たちや自治会長さんとの交わりを持ちながら、集会を始めました。賛美、ゲーム、腹話術「迷子のメーコ」とプログラムが進み、スカイ割りのあとは、ボーリングと綿あめの時間。今回も大好評で、甘い香りがただよい、子供たちの元気な声が上がりました。

Bowl3_2

5日は、気仙沼聖書バプテスト教会にて礼拝。春日部からの3人も加わり、共に礼拝をささげることができました。髙橋先生より「福音」と題して救いの証しを交えながら、静かな声でメッセージが語られました。仮設住宅での生活が続いている方、職場の人を教会に誘っている方など、この地で懸命に生きておられる姿に教えられることがありました。午後は、土曜日の集会所にて文化講演会が行われました。お話しのタイトルは「秀吉、家康におそれられた男、高山右近」。仮設住宅以外からも来会者があり、スタッフも入れておよそ50名の方が、講演に耳を傾けてくださいました。現地のお菓子屋さんのお菓子をお出しし、一服のお茶でくつろいでいただけたと思います。

集会後、気仙沼教会の日出兄の奥様が「4回目、5回目、6回目も来てください!」と手を取りながら訴えられ、「はい、また参りますよ」と答える自分がおりました。東日本大震災から5年目に入った被災地の方々のために、特に気仙沼教会の兄弟姉妹のために、続けて祈り、私たちのできることをさせていただきたいと改めて思わされています。

Img_0549

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »