フォト
無料ブログはココログ

« 愛は徳を建てる 1コリント8:1-13 2015.9.20 | トップページ | 一人の救いのために 1コリント9:19-23 2015.10.4 »

2015年9月27日 (日)

正徳元年と慶応4年

日本人の心の中に、あるいは精神の中に、キリスト教を邪教とする、あるいは「とにかくキリスト教はダメなのだ」という思いがあります。もちろん、キリスト教は良い宗教である、教育や社会の中で、すばらしい働きをした、という評価もあることでしょう。しかし江戸時代はキリスト教禁制の時代であり、理屈ではなくキリスト教を嫌う思いが作られていった歴史があるのです。それを象徴する、2枚の高札があります。一つは、正徳元年(1711)に出された定め。新井白石が日本潜伏最後の宣教師と言われた、シドッチを取り調べた時代です。宣教師やキリスト信者を見つけた時のご褒美は、銀貨500枚、300枚という最高の報奨金になったのです。もう一つは、慶応4(1868)、すなわち明治元年であり、江戸幕府が倒れて明治政府になった時代です。太政官の名によって書かれていこの高札は、新しい時代になってもキリスト教は今まで通りご禁制の教えである、ということが改めて周知されたことを示しています。このキリシタン禁制の高札は、明治6(1873)になるまで、全国津々浦々に建てられていたのです。このことは、今の私たちに何を語っているのでしょうか。そのことは、しばらくこの2枚の高札を眺め、もう少し後に記したいと思います。

 

S


Keio4nen

« 愛は徳を建てる 1コリント8:1-13 2015.9.20 | トップページ | 一人の救いのために 1コリント9:19-23 2015.10.4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正徳元年と慶応4年:

« 愛は徳を建てる 1コリント8:1-13 2015.9.20 | トップページ | 一人の救いのために 1コリント9:19-23 2015.10.4 »