フォト
無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月18日 (日)

福音の恵みを受ける 1コリント9:19-23 2015.10.18

偶像に備えた肉を食べてよいのか悪いのか、という問題を受けたパウロは、直接その問題に答えるだけでなく、話を展開させていきます。
 パウロの宣教は、一つの民族やある地域に限られることなく、文字通り世界大に広まっていきました。彼は生粋のユダヤ人であり、エルサレムで非常に高い学問を身に着けました。宗教的にはパリサイ派に属し、律法をしっかり守る生活をしていたのです。キリスト者を苦しめることにおいても熱心であり、何事も中途半端なことができない人だったと思われます。文字通り熱心な、タフな人だったのです。彼の生まれは、当時の交通の要所の一つであったタルソであり、子供のころから世界を見て育ったのだと思います。
 しかしダマスコ途上で復活のキリストに出会ってから、彼の人生は変えられました。元々自由人でしたが、キリストの奴隷としての生涯を送ったのです。すなわち、彼の人生の主人はイエスキリストになったのです。そしてこのキリストの福音を宣べ伝えることが、最も大切なミッションとなりました。そのために自分は召されたと、確信したことでしょう。
 福音を宣べ伝えるために、ユダヤ人にはユダヤ人のようになり、律法を持たない人には、そのような人として接しました。元々パウロはユダヤ人だったのですから、ユダヤ人のようになるというのはおかしな表現ですが、まず同胞に福音を伝えようという思いの表れでしょう。日本人キリスト者であっても、日本人になり切れていないことがありますね。
 そしてもう一言、弱い人には弱い人々には弱いものになりました、と言っています。ここでいう弱さとは、文脈によれば信仰の弱い人のことです。キリストとの結びつきをちょっとしたことで失い、教会の交わりから去っていってしまいそうな人たちのことです。解釈を広げて、肉体的知的な弱さを持っている人、社会や家庭にあっていろいろな苦しみをもって弱っている人、と取ることもできるでしょう。パウロは、弱い人になったというのです。元々パウロは強い人であったはずです。しかしそんな彼も、弱さを感じていたのです。
 信仰の強い人は、信仰の後輩をつまずかせたりさばいてしまうことがあります。弱い人の振舞に、我慢ができないのでしょうね。それは、弱い人を教会の交わりから去らせてしまうことになりかねません。パウロは、自分も神様の恵みによって救われたものであることを、いつも覚えていました。決して強い人ではないのです。むしろ、弱さのうちにこそ神様の恵みがあるのです。

2コリント13:4  確かに、弱さのゆえに十字架につけられましたが、神の力のゆえに生きておられます。私たちもキリストにあって弱い者ですが、あなたがたに対する神の力のゆえに、キリストとともに生きているのです。


2015年10月11日 (日)

イエスのめざしたゴール 2015.10.11 ルカ9:51-62

本日は野外礼拝、運動会の日です。明日は体育の日ということで、健康と地域の方々との交流のために、いろいろなイベントが開かれることでしょう。
 体操は体のトレーニングのことですが、それと同じように霊操というのは、心や魂のトレーニングを指す言葉です。主イエスとの深い例の交わりを目標としています。
 そのイエス様の地上でのゴールは、エルサレムに上ることでした。ご自分の最期が近づいていることを知って、その顔は毅然としてエルサレムに向いていたのです。だれでも、自分の生涯の最期を悟ると、もはや無駄なことはせず、美しい最後を迎えるために精一杯のことをすることでしょう。イエス様の最期は、贖いの小羊として十字架でその命をささげることでした。エルサレム途上でサマリヤの街に入られたのですが、人々はこれを受け入れなかったというのです。泊まる所を提供しなかったのでしょうか、すぐにこの街から立ち去るように言われたのでしょうか。
 この言葉は、象徴的です。このブログにアップしたように、日本ではキリスト教は邪教とされ、宣教師や信者はお尋ね者として見つけたらご褒美がいただける、という時代があったのです。いわゆるキリシタン禁制の時代が続き、それが今日の日本人にも、理屈抜きにキリスト教を嫌う思いを心の中に深く形成したのだと思います。
 イエスを拒絶した街の人たちに、弟子たちは腹を立て「彼らを焼き滅ぼしましょうか!」とさえ言ったのです。しかしイエスはそんな彼らを戒められ、エルサレムへの道を進んでいったのです。
 エルサレムは、やがて私たちが入る神の国、天の御国の象徴です。イエスのめざしたゴールは、そのまま私たちのゴールとなります。そのゴールをめざして、人々に拒絶されたり、苦しみを受けたとしても、その道を進んでいきましょう。主イエス様の姿に、倣うものでありたいのです。目標であるイエス様は同伴者としてともにいてくださる方でもあり、選手を応援する人たちがいるように、私たちの歩みを励ます主にある兄弟姉妹がいるのです。

ヘブル12:1-2

こういうわけで、このように多くの証人たちが、雲のように私たちを取り巻いているのですから、私たちも、いっさいの重荷とまつわりつく罪とを捨てて、私たちの前に置かれている競走を忍耐をもって走り続けようではありませんか。信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。


2015年10月 4日 (日)

一人の救いのために 1コリント9:19-23 2015.10.4

 

 初代教会の牧師、伝道者ともいえるパウロは、自分の権利を主張せず、また自らをスポーツ選手のように霊的に鍛え、福音のために生涯をささげた人でした。それは、幾人かでも罪の中から救い出すためでした。もちろん彼の力ですくのではなく、イエスキリストの福音を宣べ伝え、イエスキリストの十字架の御業によって罪の赦しを受けるということです。これは、イエス様がご自分を捨ててむなしくなり、神様に従い、すべての人の救いのために十字架の道を歩まれたことに倣っています。
「キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現れ、自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。」(ピリピ2:68)
 私たちは、どうでしょうか。そのような生涯を送りたいものです。
 日本人初の海外宣教師といえる乗松雅休は、朝鮮伝道に生涯をささげた人でした。彼のことはあまり知られていませんが、日本が帝国主義的力をもって朝鮮半島を治めようとし、キリスト者であっても日本人のように生活することを求められた時代にあって、その国や町や村にいる人となって伝道した人でした。1919年に起きた「31独立運動」という国家的な事件に巻き込まれながら、最後まで宣教の思いは変わりませんでした。1921年、乗松は59歳の生涯を閉じます。朝鮮から葬儀に駆けつけた金テヒはこう言いました。「イエスキリストは神様であるのに人とおなりなされた。この愛に励まされて、乗松兄は朝鮮の人を愛しました。世の中に英国人になりたい人沢山あります。米国人になりたい人、たくさんあります。けれども乗松兄は、朝鮮の人になりました。・・・」
 すぐ近くの一人の人の救いのために、キリストは死んでくださったのです。私たちはその人のために、何ができるでしょうか。


« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »