フォト
無料ブログはココログ

« ローズマリヤ | トップページ | 一つの食卓  1コリント11:17-34  2015.12.6 »

2015年11月29日 (日)

まことの礼拝のために  1コリント11:1-16  2015.11.29

 

 本日は、待降節第1週目の主日です。待降節は、主イエスキリストの誕生を祝う降誕祭を迎える備えの時であるとともに、キリストの再臨に備えることに心を向ける時です。
 さて、本日のテキストは、聖書研究としては面白いところですが、待降節の説教テキストとしては選ばれることの無い箇所だと思います。コリントの公同の礼拝において、女性は頭にかぶり物をすることが当然であると理解されていた時に、被り物をしない女性がいたのでしょう。礼拝における被り物の問題をパウロに問うた、その答えとなっている個所です。
 パウロの答えは明白です。女性は被り物をするべきであり、たとい異なる意見があったとしても、諸教会には礼拝の時に女性が被り物をしないという習慣はない、と断じています。今日では、女性がベールをかぶって礼拝に集う教会もあれば、多くのプロテスタント教会のように、そのようなことの無い教会があります。ベールではなく、帽子をかぶって礼拝に集うというところもあるでしょう。この箇所で語る礼拝時における女性の被り物は絶対守らなければならないものではなく、それぞれの文化や営みに照らして考えるべきことであると思います。
 しかし大切なことを、この箇所は教えています。私たちが公同の礼拝に集う時の心のあり方、また実際の姿はどのようなものか、ということです。キリスト教圏では、サンデークロージングという言葉があります。日曜日の礼拝に集う時には普段着ではなく、そのための特別な服装をして出かける、ということです。これは、まことの神様の前に出るのであるから、きちんとした身なりで教会に行くべきであるということからきていることです。確かに、私たちも外出時には、TPOに合わせた服装をするでしょう。キリスト教会2000年の歴史で、最も大切にしてきたのは、日曜日の礼拝です。私たちを愛し、生かしてくださっている神への礼拝の時ですから、これは当たり前のことでしょう。
 毎週の礼拝に、私たちはどのような思いで集っているでしょうか。帽子や服や履物の問題ではありません。心のありようです。
 降誕祭を英語でクリスマスというのは、誰でも知っていることでしょう。その意味は、キリストを礼拝する、ということです。東の国から来た博士たちは、幼子イエスを礼拝し、高価な黄金、乳香、没薬をささげました。なにも持たずに来た羊飼いたちは、神を崇め賛美したのです。彼らは、イエス様に対し、まことの礼拝をささげたのでした。
 私たちも、霊と真をもって、神様に喜ばれる礼拝をささげて救いの御子のご降誕を待ち望みましょう。
 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。ローマ12:1 


« ローズマリヤ | トップページ | 一つの食卓  1コリント11:17-34  2015.12.6 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まことの礼拝のために  1コリント11:1-16  2015.11.29:

« ローズマリヤ | トップページ | 一つの食卓  1コリント11:17-34  2015.12.6 »