フォト
無料ブログはココログ

« 救いの御子を迎える  ルカ2:1-20  2015.12.20 | トップページ | 荒海を渡る マルコ4:35-41  2016.1.3 »

2015年12月26日 (土)

み言葉による平安  ルカ2:21-40 2015.12.27

 今年の漢字に「安」が選ばれました。漢検のホームページによると、この文字を選んだ人たちの理由が3つにまとめられていました。それをさらにまとめると、このようになると思います。
 (1)「安」全保障関連法案の審議で、与野党が対立。採決に国民の関心が高まった年。これからの国の平「安」について改めて深く考えさせられた一年
 (2)世界で頻発するテロ事件や異常気象、世界で頻発するテロ事件や異常気象など人々を不「安」にさせた年
 (3)建築偽装問題やメーカーの不正が発覚し、暮らしの「安」全が揺らいだ。“「安」心して下さい”のフレーズが流行し、人々が「安」心を求めた年。
 本日のテキストは、飼い葉おけに寝かされた赤ちゃんが八日目の割礼を受け、イエスと呼ばれるようになったこと、律法の規定に従って両親がイエスを神様にささげるために、エルサレムの神殿に上った出来事です。神殿には、シメオンという人がいて、イエスを腕に抱いて神をほめたたえ、アンナという高齢の女預言者が、このイエスこそイスラエルを贖ってくださる方であることを人々に告げた、ということが記されています。
 シメオンは、救い主をこの目で見ることができたので「主よ。いまこそあなたは、あなたのしもべを、み言葉の通り安らかに去らせてくださいます。」と言いました。つまり、救い主を見ることができたのでもう死んでもいい!ということです。私たちは、いつ自分が死ぬのか、生涯の最期を迎えるのか、わかりません。どのような最期であっても、シメオンのように言える人は幸いです。ある英語訳の聖書には、go in peaceと訳されていました。安心して行きなさい、という意味です。どのような境遇であっても、神様の言葉がある時、安心して出ていくことができます。
 同志社大学の創立者の新島襄は、最初の卒業生を送る時に、Go! Go! Go! Go in peace!と言って彼らを送りだしたそうです。ここで学んだことが無駄にはならずきっと生かされるから、自信をもって、安心してこの世に出ていき、その務めを全うせよとのはなむけの言葉です。
 今年ももうじき終わろうとしています。この一年、平和な時だったでしょうか。新しい年は、どのような年になるのでしょうか。たとい不安と困難な道であっても、主のみ言葉があれば、平安のうちにその道を進んでいくことができるでしょう。
 

 わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。立ちなさい。さあ、ここから行くのです。ヨハネ14:27,31


« 救いの御子を迎える  ルカ2:1-20  2015.12.20 | トップページ | 荒海を渡る マルコ4:35-41  2016.1.3 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: み言葉による平安  ルカ2:21-40 2015.12.27:

« 救いの御子を迎える  ルカ2:1-20  2015.12.20 | トップページ | 荒海を渡る マルコ4:35-41  2016.1.3 »