フォト
無料ブログはココログ

« 聖霊の賜物  1コリント:1-11  2016.1.24 | トップページ | 神の召しと任命 コリント12:27-31 2016.2.7 »

2016年1月31日 (日)

多くの器官、一つのからだ 1コリント12:12-27 2016.1.31

 今年は、ブラジル、リオデジャネイロでオリンピック、パラリンピックが開催されます。異なる国や地域から大勢のアスリートが集い、それぞれの競技に全力を尽くすことでしょう。一つの目的のために、異なる人たちが結集するのです。
 ブラジルという国は、私とっては「移民の国」というイメージがあります。いろいろな人たちがいて、たいへんなのではないかと思うわけです。でも、一つの国なのですね。実際、2年前のわずかなブラジル滞在でしたが、そのことを実感する場面が良くありました。
 母の日を記念する礼拝で、日系の人たちだけでなく、他の国から移民した人たちも加わり、同じ賛美を歌い一人の神様を崇めたのでした。肌の色だけでなく、立ち居振る舞いや考え方も違うのですが「私たちはみんなブラジル人ですよ」と言われたその言葉が、大きな説得力を持っていたことに感動したのです。教会のお父さんたちが、婦人たちのために料理を作ってもてなしておられました。
 パウロは、伝道者として迫害を受け、その体に傷を負いました。牢獄にとらわれた時、彼はその傷をさすりながら、一つの部分が傷めばからだ全体にその痛みが走ることを実際に味わいました。そのことは、一人のクリスチャンや一つの教会の痛みが、全クリスチャン、全教会の痛みであることを想起させる経験でした。そして彼自身も弱さを覚えたのでした。
 「だれかが弱くて、私が弱くない、ということがあるでしょうか。だれかがつまずいていて、私の心が激しく痛まないでおられましょうか。」(2コリント11:29)
 人体には、確かにいろいろな器官(部分)があります。いわゆる痕跡器官などと言われ、実際には役に立っていないと思われている器官もあります。しかし乍ら、なくてもいいけれど虫垂のように大切な働きをになっている、という器官もあるようです。不都合がないのに、切除する必要はないのです。
 教会の中では、役に立たない人はおりません。ましてや、不必要な人はいないのです。自分は役に立たない弱い人間で、教会の足手まといになるからここから出ていこう、などと考えることはよくないのです。コリント人への手紙の中で、キリストは弱い兄弟のためにも死んでくださった、と語っているのです(8:11)
 多種多様な賜物が与えれ、それでも一つの教会として伸びていく、そんな姿をこの地域で表すことができたら幸いです。
 教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。エペソ1:23


« 聖霊の賜物  1コリント:1-11  2016.1.24 | トップページ | 神の召しと任命 コリント12:27-31 2016.2.7 »

礼拝メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多くの器官、一つのからだ 1コリント12:12-27 2016.1.31:

« 聖霊の賜物  1コリント:1-11  2016.1.24 | トップページ | 神の召しと任命 コリント12:27-31 2016.2.7 »